MAID
アートとは間接的に社会に影響を与えるものである。そんな作品が揃っているMAID

11月24日(土)にMA2018ヒーローズ・リーグ「プロが選ぶヒーロー」の一つ「InteractiveDesignヒーロー」の部門賞決勝が開催されました。この部門賞が求めた作品は、「アートとテクノロジーを融合された ”体験” を生み出す」作品です。
この部門賞は「体験」を重視してるため、決勝審査会は会場を貸し切り、半日展示していろいろな方に体験してもらう形式になっています。
そんな部門賞には、54作品が応募され、その中からオンライン審査により選出された16作品が、決勝審査会に参加しました。

それでは、展示(参加)された作品をご紹介します。
※MashupAwards2018のInteractivedesign部門賞(通称:MAID)は「TMCN」さんにパートナーとして協力頂いております。
 

■作品紹介

まずは、InteractiveDesignヒーローを受賞し、賞金10万円と、FESTAでのプレゼンを手に入れた作品の紹介です。

<InteractiveDesignヒーロー・授与作品>

「魔方陣」のような模様が描かれたメモ紙の真ん中に英単語を書いてスマホで読み取ると、その3Dモデルが召喚されるAR作品。
「百聞は一見にしかず」ということで、こちらの体験動画を見てほしい。

3Dモデルは動的検索を行っているため、想定外の言葉にも対応できるとのこと。例えば、「Play」といれたら、バスケットコートがでてくるなど。そのため、本来の知育玩具的遊び方(英単語学習)とは違った遊び方をしている大人たちが印象的でした。。召喚したいARをだすための単語は何?とか。
まさに、この部門賞が求めていた、アートとテクノロジーを融合した「体験」を生み出していた気がします。


おめでとうございます!


審査員紹介

今回、InteractiveDesign部門賞の作品を選出する審査員として、以下3名の方々にお越し頂きました。
・左 :松川 進氏(MAID発起人)
・中央:市原 えつこ氏(メディアアーティスト/妄想インベンター )
・右 :松山 周平氏(ビジュアルアーティスト/プログラマー/ (株)ティーアンドエス THINK&SENSE部長など)

 

続いて、今回選出された作品を全てご紹介したいと思います。Interactivedesign部門賞決勝審査会の様子は、体験会を中心にお送りします。
決勝審査会のプログラム的には、朝から体験会、15時ぐらいから審査員の方の体験がはじまり、夕方からは数分のプレゼンタイム(飲みながら)という構成で、終始笑いが絶えない現場でした。そんな様子は体験動画からも伝わると思います。
 

筋斗雲をモチーフにしたパーソナルモビリティ。様々な外部デバイスでコントロールできます。
体験はこんな感じ。

心が清らかな人でないとのれないという制限もありました。(子供向けなため、デブなおっさんはのれませんでした。やせましょう。)

 

板野サーカスを題材にしたインタラクティブアート作品。 見るだけでなく操作体験したいと思って作ったとのこと。既存ゲームは視点が固定的だけど、視点を就労的追従でも直感的な操作を実現。

 

GameControllerizer

GameControllerizerは「ゲームコントローラ」として振る舞う独自のハードウェアと,
簡易なプログラミング環境からなるミドルウェアです.

自分の好みのゲーム機にこのハードウェアを接続し,挙動をプログラミングすることで、
既存ディジタルゲームへの操作入力を自在にハックできます.

ゲームハックツール。掃除をゲームに。ピアノひくことでブロック崩し。肩たたきで太鼓の達人。そんなことを可能にするミドルウァア。
体験動画は2人でプレイするもの。家にあるもの(アルミホイル)もコントローラとして利用できるところもすごい。

 

 

AIQue

AIQueは、AIへの問いを考えるゲーミフィケーションによって、

人とAIの関係性を見直す作品です。

 

カードに書かれたキーワードを、スマートスピーカーに言わせる。

シンプルなルールながら、どうすれば適切な答えが引き出せるか、

知識力と思考力が問われるゲームをつくりました。

人とAIの関係性を見直すクイズ作品。
ハマった人は何度もCHALLENGEしてました。すごく考えさせられる作品です。

ノンコーティングですが、スマートスピーカーのデバックは半端なくやったそうです。

 

 

FCQube

概要

遊ぶコンセントタップです。

FC用のコントローラーを指すことできます。

コンセントに指すだけでは、通電せず、

ゲームをクリアすることで初めて通電させることができます。

ゲームについて

電気を使うために、めんどくさい動作を一つ足して日常をアトラクションに変えてしまうこの作品。
もうひとりの人がゲームをできる環境を整える(通電させる)ために、連打しまくる大人。めっちゃ真剣です。

 

 

Haptic茶道

お茶を味わったことがありますか?また、お茶を点てたことはありますか?そこそこいらっしゃいそうですね!

では、お茶を点てる感触を味わったことはありますか?Haptic茶道では、お茶を触覚で味わうことができます。

お茶を触覚で味わう(?)この作品。触覚作品なので、動画をみても「?」かもしれませんが、着物の女性の触覚が伝わってるんです。

 

 

Mr.Facebox

中の人の顔に合わせて動く被りモノです。被った人がまばたきするとキャラクターもまばたきをしたり、
口を大きく開けるとキャラクターも口を大きく開けたり、被りモノの中の人の表情に合わせて顔が動きます。
(黒目の向きを反映する仕組みも制作中です。)

ほんとはかぶるものなんですが、わかりやすいように被らないで表情かえてもらいました。
こんな感じです。

 

 

PLRAY

光が意思を持っているようにみえるインタラクティブ作品。
卓上ライトから光を押し出すようにタッチすると、モニターの中で光が遊びまわる様子を鑑賞することができます。
遊ぶ(Play)光(Ray)で「PLRAY」という作品名にしました。
 

光が意思を持っているようにみえるインタラクティブ作品。見てるだけで楽しい作品でした。撮り方が下手でごめんなさい。

 

 

ジョジョうちわ

IBMのウチワにSTのSensorTileを取り付けて、ウチワを仰ぐ強さでジョジョ文字が大量に飛び交います。

さらに別のウチワには、雷と風の機能をもたせて、両方のウチワを仰ぎまくるとドドドドド状態を実現することが出来ます。

IBMうちわとのMashup作品。プレゼンはSensorTileすげーというものでしたw。
審査員体験中。

 

 

機械音を発する人工苔との対話を通し,地球外生命体とのコミュニケーション方法を習得するためのデバイス。
SFの世界でした。

 

のろいのスマホカメラ

我々は、ついにひみつ道具「のろいのカメラ」を製作することに成功した! ドシー!! 「のろいの(スマホ)カメラ」に撮影されてしまい被写体がスマホ画面に写ると、スマホが倒されたり、振り回されたりする感覚をスマホと共有するようになってしまいます。人間の前庭組織に微弱な電流を流すと、架空の加速度を感じるGVSという現象があります。このプロジェクトではGVS機能付きヘッドフォンを製作いたしました。

きみは「GVS」という現象をご存知だろうか?知らないと思うが、この作品はGVS機能付きヘッドフォンなのである。
この作品も体験しないとわからないものですが、体験者の反応からわかった気分になってください。

 

 

犬の顔に自分の顔が無表情で映し出されて、犬の目線がこっちを追っかけます。とにかく不気味っす。
こんなかんじw。 

 

 

Animal Catch

「Animal Catch」は,見えないもの探すVR宝探しゲームです.
仮想空間に存在する生物や物質を,各プレイヤーに与えられたコントローラを使って探していきます.

特徴

仮想空間にいる動物を探して、タッチすると動物の鳴き声が聞こえます。捕まえたりもできるよ。
動物探す動き、かなり怪しいです。でも、なんか楽しかった。

 

青い青春

高校生。
めがねをかけた僕たちは、まだ付き合い始めたばかり。
慣れてないからなのか、キスする度にめがねがカチャっと当たってしまう。

そのたびに僕たちは『ちょっとじゃまだね』って笑いあう。


めがねっ娘が大好きだけど、そんな思い出がない残念なあなた(俺に)に・・・

マシュマロとチューして淡い青春を再現する作品。何をいっているかわからないと思うので、動画を見て欲しい。
MA2018で一番の技術の無駄遣いとお墨付きをもらった作品です。

 

タッチタッチレボリューション 〜手遊びリズムゲーム〜

◆ 概要 ◆

子供のころによく遊んだ、

「アルプス一万尺」や「みかんの花咲く丘」などの手遊びを

リズムゲームにしてみました。

プレイする2人が息を合わせ、正しいタイミングでタッチすることができると高得点につながる、というゲームです。

 

アルプス一万尺などの手遊びをリズムゲームにした作品。
こちらの作品は、体験会には参加できず、オンライン発表だけとなりました。


とにかく、体験しているみんなが楽しそうで、とても「わいわいがやがや+酔っぱらい」な現場でした!

 

 

 

イベントの様子は、以下もみていただくと、さらにさらに雰囲気をわかっていただけると思います。
 ・つぶやきまとめ(Togetter)
 ・写真(Flickr)

 

みなさま、お疲れ様でした。

 

Blog Categories

このブログの著者: manamisuzuki

MA8〜現在まで事務局をずっとやってます。MAのブログは8割書いてます! みんなの成長していく姿をお母さんの用に見守ります。