完成作品
「洗濯終わったよ!」「ご飯が炊けたよ!」・・・お部屋に普段設置されている家電製品は様々な自分の状況を私たちに知らせてくれます。しかし、これらの機器はアラームやメロディといった言葉でしか私たちにその状況を伝えてくれません。

彼らが日本語をしゃべることができたとしたら?! 本サービスはそんな「家電の声、彼らが私たちに伝えたいであろう、気持ち = "魂" 」をAIを使って日本語で表現してくれるサービスです。ただ「洗濯終わったよ!」ではなく、普段家電が思っている意外な一言も? 毎日の暮らしを明るく彩る「家電の魂」に、さあ耳を傾けてみよう!
mbedでアラームや振動を検知して、その動きから、家電の気持ちをユーザーへ届けます。http通信で信号を送り、Data Spider 経由で携帯へメールしたり、ロボット経由でお声がけします。対応を怠ると、家電に怒られることもあります。
チーム名
家電祈祷師
チーム
プロトタイパー
プロトタイパー
プロトタイパー
Wow
家電の気持ちになって考えてみました。