画像
AWS
カテゴリー
AWSクラウドが提供する40を超えるサービス活用することで、クラウドの拡張性、柔軟性を活かした様々なサービス、Webシステムのみならずメディア配信、モバイルやIoTなどの新しいサービスを容易に実現いただけます。

Prototypes

  • LINE Thingsでオーダーエントリーシステムをつくってみた

    LINE Things で オーダーエントリーシステムをつくってみた

    [メンバー]

    • 高野
    • 阿部

    [解決したい課題]

    • 個人商店にはオーダーエントリーシステムの値段が高い
    • 個人向けにリコメンドしたメニューを提供したい!!

    [メリット]

  • ささやきonLine♪

    音は耳から聞く時代から、脳で感じる時代にUPDATE

     

    みなさんは、ASMRをご存知でしょうか?

    2019年上半期、JC,JK流行語大賞にてコトバ部門で1位を取った、いま若者を中心に大流行しているものです。

    海外でも流行しており、脳がオーガズムを得られるなどと評価されています。

    ASMRとは簡単に言うと、ダミーヘッドマイクなどを利用しバイノーラル録音をするなどで、直接脳内にささやきかけるよう

    声や音を届ける音源のことを言います。

  • 参加型絵本「今日の物語」

    参加型絵本「今日の物語」

    【ここがポイント】
    ①ストーリーは決まっておらず、
     利用者が気分に応じて物語の設定をチョイス!
     毎回異なる物語が楽しめる!

    ②物語の途中に分岐があり、選択肢に
     応じた展開が待ち受ける!

    ③お話の最後に・・・
     登場したキャラクターから電話がかかってくる
     仕掛けあり!

     

  • いきなり!運動会

    いきなり!運動会 ー LINE Clova対応スキル

    お子さんの着がえ準備家族のお出かけ前の支度がなかなか進まないこと、よくあると思います。

    このスキルはそんなお悩みを運動会でおなじみの名曲でお手伝いします。

    「ねぇClova、いきなり運動会を開いて」
    と呼びかけるとテンポのいい曲が流れ

  • 「Facelot」 写真を撮るだけでエントリーできる抽選システム

    たとえば残ったおやつを誰が食べるのか、ゼミの発表順番をどうするのか。日常生活の中のささいな決めごとをFacelotを使えば写真を撮るだけでシステムが決めてくれます。

    https://facelot.net

    https://www.youtube.com/watch?v=Eiz5ITFlsog

     

  • Yes Noライト作品紹介_MA2018

    Yes Noライトのコンセプトは、夫婦やカップルの不仲を解消し、少子化問題の解決と生産性の向上に貢献する健全な音声操作できるランプ

    夫婦やカップルの仲は、いいに越したことはない!
    子供がいなくても、パートナーと仲良くすれば仕事も勉強も頑張れる!
    夜の気分を直接言わずにライトで伝えれば、二人とも傷つかない!

    Yes Noライトに今夜の気分を設定すると、Philips hueがその気分の色に点灯してくれます。

  • (仮)カロリー計算アプリ

    ①目標値と期間を決めると、おすすめの食事を教えてくれる
    ②食べる食事の写真を撮ると、目標達成度合いとアドバイスを返す

  • オレより強いヤツに会いに行く

    「スポーツって何だろう?」
    「体を動かすこと?でもeスポーツもスポーツだよね?」

    このサービスではスポーツを再定義し、
    いつでもどこでも誰とでも試合を行い、
    互いに心身を育み、成長を実感できます!

    ●試合設定者として

    面倒な日程調整や参加者募集せずに試合を設定できます!

     

    ●試合参加者として

    空き時間を登録すると、
    位置情報から、勝手に果たし状(試合の招待)が届きます!
    (相手の戦闘力を見て試合を断ることも可能!)

  • EEEEEカバディ

    「e-Sports」の e は electronic だけの意味だろうか?

  • 受付嬢サリー

    我らがヒロイン「サリーちゃん」がお客様をお出迎え致します。 呼び出されたメンバーは、 SMS、Line、電話と複数の手段で呼び出され、たとえ休憩中でもお客様の元へかけつけるでしょう。

    【プレゼン資料】

    https://drive.google.com/file/d/1cLGhOtqvlz8L8QHcDP3gAiiJs3LAGAIb/view?usp=sharing

  • 家族のお手伝い帳

    「家族のお手伝い帳」は、子どもがスマートスピーカー(LINE Clova)にお手伝いを報告するとポイントが貯められるなど、お手伝いを続けてもらうための仕掛けを用意したスキルです。

    お手伝いが良く出来ていれば評価してポイントを増やしたり、目標ポイント数とご褒美を設定したり、ポイント利用時に紙クーポンを発行したり、派手な効果音で盛り上げたり、お手伝いを進んで続けたくなる仕掛けを色々と用意しています。

  • ワケトンおしえるDay~家族でCivic Techを考える~

    小学生も参加!?市民目線のサービスを家族で考える!!

    Civic Techとは

    市民自身が、テクノロジーを活用して、行政サービスの問題や社会課題を解決する取り組み」

    を意味します。

    だったら、主婦も子供も自分の住んでいる街に「何か」貢献できるはず。

    そんな、エンジニアの父親、プランナーの母親、デザイナーの次男が目をつけたのは