画像
E2D3.js
カテゴリー

【E2D3で出来ること】 いつも使っている「Excel」から「JavaScriptグラフィックライブラリー」を呼び出して「ダイナミックかつインタラクティブな可視化」が出来るOSS API & アプリです。D3.jsという名前がついていますが、js系のライブラリーならGoogle Charts, amcharts, highcharts, Plotly, processing, p5, three.js, jThird, Cesium等なんでも追加実装可能です。データ可視化にとらわれることなく、ブラウザ上で機械学習をさせてその結果を表示させたり、Excelで書いたマップを使ってゲームをさせたりすることも可能です。 【利用環境】 Windows: Excel 2013、Excel 2016、Excel online(Onedrive) Mac: Excel 2016、Excel online(Onedrive) Linux: Excel online(Onedrive) 【利用方法】 - WIn http://e2d3.org/ja/app-install/ - Mac http://tekumemo.blog.jp/archives/5696529.html - Excel online(Onedrive) http://goo.gl/cZPO7n 【開発導入資料】 - 開発ドキュメント https://github.com/e2d3/e2d3/wiki/Home_ja - リンク先の関連ブログ http://e2d3.org/ja/activity-log/ 【お問い合わせ】 - Official FB https://www.facebook.com/e2d3project/ - Official twitter https://twitter.com/e2d3org 【バグ発見、改善提案】 - Github Issue https://github.com/e2d3/e2d3-contrib/issues 【イベント】 - Connpass http://e2d3.connpass.com/ 【運営主体】 趣味の大人の部活として、北海道、群馬、東京、神奈川、愛知、大阪、岡山、山口、佐賀等のメンバーが夜な夜な開発しています。運営には誰でも気軽に入れますので、(エンジニアでない方も)興味持ってくださった方はお気軽に連絡ください。

Company

Prototypes

  • 東京メトロ分析

    東京メトロの乗降人員数を取得し、グラフ化(可視化)してみました。

    時間があれば、現在の運行状況を定期的に取得し、kintoneへ蓄積し、
    遅延に傾向がないか分析してみたいと思います。
    東京メトロの乗降人員数を「kintone」に取り込みました。
    「kintone」でグラフ出力してみましたが、データをエクセルに出力し、
    「E2D3.js」にてグラフ化も行ってみました。
  • 可視化:議員

    「政治データAPI」より取得した参議院&衆議院のデータを可視化しました。
     ・キーワード
     ・氏名(姓)
     ・都道府県

    【分かったこと】
     ・「衆議院議員」というキーワードが多い!
       →当たり前か。。。
     ・「山本」さんが多い!
       →日本人口全体では7位
     ・「東京」「大阪」に議員が多い!
       →選挙区が多いのでこれも当たり前か。。。