画像
Tone Analyzer (IBM Watson)
カテゴリー
日々の人との関わり合いでは、喜び、悲しみ、怒り、協調性などのトーンが表れます。 これらのトーンは、いろいろな場面でのコミュニケーションの効果を左右することがあります。 Tone Analyzer は、認知言語分析に基づいて、文章レベルと文書レベルの両方においてさまざまなトーンを検出します。 検出結果に基づいて、コミュニケーションの改善を図ることができます。 テキストから検出できるトーンは、感情 (怒り、嫌悪、不安、喜び、悲しみ)、社交性 (開放性、誠実性、外向性、協調性、情緒不安定性)、文体 (分析的、確信的、あいまい) の 3 種類です。

Prototypes

  • 二次元執事

    二次元執事。名前はまだ無い(募集中)
    あなたの事をかわいい執事がサポートいたします!
    将来への不安を相談したり、暇な時の相手をしてくれたり、その他にも様々な問題を解決してくれるでしょう!

    使用技術:

    • Angular
    • Node.js
    • Express
    • Firebase
    • Flask
    • SSP
    • 各種API
  • 信用スコアですべてのスポーツ観客を可視化する

    すべてのスポーツ観客を可視化することで、適切な投資判断を行えるようにし、

    優秀な経営人材/専門人材、投資資金が潤滑にスポーツに流入できるようにします。

    1.試合中

  • ARマンガエフェクト

    facebookのAR Studioを使い、音声認識した文字列を、マンガ風のふきだしで表示します。
    詳しくはこちら
    https://docs.google.com/presentation/d/1chKNdCCj9W6iUTaVtcD3i-p6UFbOKdoVtn1Ji7BcSSA/edit?usp=sharing
    bluemixのSpeech To Textで音声認識した文字列を、
    英語に翻訳し、Tone Analyzer で感情分析。
    それらの情報を元に、AR Studioのエフェクトでリアルタイムにふきだしを表示