開発中

かくれんぼは、言わずもがな、鬼が隠れた人たちを探すシンプルな遊び。世界中の子供達に愛されいる理由は、シンプルな遊びの中で、隠れる場所を探す時のワクワク感と、隠れている時や見つかった時のハラハラ感があるからこそ。そして、子供達にとって、遊びの中で自然と相手の視点で考える初めての機会であるともいえます。。

 

私たち「かくれモン」プロジェクトは、幼い時に誰もが経験したことがある「かくれんぼ」が持つ「シンプルさ」と「フィジカルさ」と「ワクワク感」「ハラハラ感」をベースに、学びの魅力である「相手の視点で考える」体験をテクノロジーで拡張することで、多様性を学ぶ機会にアップデートすることを目指しました。

 

「かくれモン(かくれんぼモンスター)」は、スマートフォンの中にいる、かくれんぼのパートナー。

モンスターたちは、動物、虫、魚、人間の赤ちゃんをモチーフとする個性豊かなキャラクターを持っています。気まぐれなモンスターたちは、急に鳴き出したり、モンスターが見えている風景を鬼に共有したり、隠れている場所のヒントを勝手に出してしまうちょっと困ったパートナーでもあります。

鬼は、モンスターが見ている世界や音から隠れている場所を推察していきます。

 

「かくれモン」のキャラクターによって、鬼に共有されるヒントは、様々。

虫を想起されるモンスターから送られてくる画像は、複眼から見える万華鏡のような世界だったり、

魚を想起されるモンスターから送られれてくる画像は、水中から覗く世界だったり。モンスターが動くと水音が鳴ったり。

赤ちゃんを想起されるモンスターは、世界が赤と黒だけの世界、急に泣き始めたり・・・!

 

子供達が今後経験していく未来の世界では、

今以上に、目まぐるしく予測できない姿へと変化していくでしょう。

多様な価値観や文化を持った人たちとの対話や

動物や植物を含む地球規模でサステナビリティな仕組みを考えることが重要になるはずです。

 

かくれんぼのパートナーとして、個性豊かなモンスターというキャラクターを登場させることで、

「多様な生物」の目線/考え方を想像する経験を通して、

子供達にダイバーシティに対する気づきや面白さを学ぶ機会を提供することを企図しています。

API・素材等
チーム名
KAQUREMON PROJECT
チーム
プロトタイパー
プロトタイパー