完成作品

AR上のUIからM5Stackを介して他のハードウェアデバイスを操作できるようになるプロダクトです。

写真では例としてM5Stackを使ったデジタル名刺デバイスをARから操作できるようにしてます。中央の名刺がリアルで、それ以外の名刺とボタンがスマホが出力したARです。ARを使って名刺の情報を拡張し、さらにARに浮かび上がったUIを操作することで名刺デバイスの操作が行なえます。

印刷物以外をトリガーにしてARを浮かびがらせることも可能です。

 

ターゲットユーザー

- ハードウェアデバイスを作る人
- 白物家電を使う人々
- 名刺交換を行うビジネスマン。AR上からリアルのモノを操作できるようにして、名刺交換の体験をインタラクティブにしたいです。

ターゲットユーザーに与える価値

紙やハードウェアデバイスには予算や物理的なスペースの制限があるので、最適なUIを用意できない場合があります。
ハードウェアを操作するスマホアプリは多く出てきてますが、スマホアプリもディスプレイサイズの制限を受けてます。
ARSTackを使えば、既存のハードウェアに最適なUIを簡単に載せることができます。

チーム名
ARStack
チーム
プロトタイパー
Wow
全ての家電のUIをこんな感じにしたいです。