開発中
VAIRは最大15人で対戦できるスマートフォンを用いたモバイルVRサバゲーシステムである。個々のプレイヤーの位置と方向をリアルタイムに検出し、プレイヤーの装備している武器に備え付けているスマートフォンにそこからみた周囲の映像や、他のプレイヤーの姿がアバターとして表示される。武器は銃型の他にもいくつか種類が用意されている。実際の空間を登録しておくことで障害物などは実際のものと同じ位置にVR空間上でも配置されるため、そこに隠れたりすることができる。リアルの情報と重畳して遊ぶことができるため身体的な制限が少ないスポーツ的な遊び方を実現する。

プレイヤーはVAIRデバイスを装備する。HMDを用いたVRと違い実際のデバイスを手に取ってみることができるため、操作のリアリティ、造形的なリアリティなどモノ感にこだわった。現在の主力武器は銃型のもので、弾倉には弾数が設定されており、空になったら、物理的に弾倉を交換する必要がある。また撃った際の反動を再現するため、弾倉にはアクチュエーターが組み込まれており、弾倉ごとに異なった衝撃と音を発生させる。弾倉は複数の種類を用意し、それぞれ違った弾を撃つことができる。速度と弾数に優れたレーザー弾、弾数は少ないが遠距離攻撃に適したライフル弾、速度と威力が弱いが弾数の多い物理弾などである。弾倉を装備することでシステムは自動的にそれを認識し、弾倉ごとに異なる視野角になる。これは例えばライフル弾を装着すると自動的にズームするといった具合である。

これら以外にも複数のVAIRデバイスがあり、障害物の影に隠れた相手を倒すための弓型、自動攻撃のタレット型、任意の場所に障害物を発生させるシールド型などがある。

基本的にチーム戦となっており、ゲーム開始時に好きな武器を選び対戦が可能となっている。最大15人だが正確には最大15デバイスであり、一人で複数の武器を使う場合は全体の人数も減ることになる。

本システムはより身体を使ったスポーツ型の遊びを実現するモバイルVRシステムであり、HMDでは実現できない健康的かつ、周りから何をやっているのか分かりやすく、子供からお年寄りまで気軽に楽しむことができるものとなっている。
ポジショントラッキングシステムとしてHTC VIVEを利用、それぞれの端末にはiPhoneあるいはiPod Touch、適当なAndroid端末を利用

サーバーとしてWindows PCを用いており、これにHTC VIVEが接続されている。ただしHMDは使用しないが接続だけされている。各端末にはスマートフォンが装着されており、ポジショナルトラッキングを行っているため、移動や方向をリアルタイムに反映して、360度全方位、移動も含めて対応できる。各障害物等もあらかじめ登録をしておくことで、VR空間上に登場させることができる。

銃型VAIRデバイスには任意のスマートフォンとVIVE Trackerが装着されている。位置や角度情報はTrackerで取得し、サーバーに送られる。サーバーはそれぞれの端末とWi-Fiで接続しており、情報のやり取りを行っている。ほぼすべての情報処理はサーバーで行われるため、各端末のスマートフォンはその情報を元に描画のみを行う。銃型のデバイス本体はスイッチであり、Trackerとの接続を行うだけのスイッチであり、本体は弾倉にある。弾倉にはそれぞれバッテリー、アクチュエーター、制御基板が埋め込まれており、これを銃型VAIRデバイスに装着することで、各銃は弾倉の種類、残弾数の管理を行う。銃型デバイスのトリガーを引くと即座にアクチュエーターが起動し弾倉ごとに異なる衝撃を発生させ、信号をサーバーに送る。弾倉ごとに撃てる弾が異なり、それに合わせてスマートフォン側の映像の視野角も変化する。例えばライフル弾を装着した場合は、ズームされるといった具合である。
チーム名
301
チーム
プロトタイパー
役割
Wow
是非広い場所で遊んでみてほしいです