Prototypes

  • IndipendentVR

    制作物

    VRの民主化と独自性を追求したVRライブハウスの開発。

    動画の生配信とは違い、空間を自由に移動できてインタラクティブな体験ができる。

     

    全体の課題

    Userのインタラクティブな体験

    →誰にも迷惑をかけずに好きな場所でライブを体験できる

     

    羽生選手のプーさん

    →ライブ中に物を投げたり贈り物をしてもライブの邪魔にならない