Prototypes

  • 忙殺菩薩ボタン

    • 店員さんの忙しさを「音」で表現!!
    • 忙しさに応じて「メロディ」を変化!!
    • LINE アプリ上で可視化される!!

    m5stackのボタンを押すと音が鳴り、音の調子で繁忙度を表現します。

    すると、同時にUI上でタコメーターのボルテージが上がりだします。

    呼び出しに対応すると、UI上で対応したことを報告し、繁忙度が減っていきます。

    対応する店員、呼び出し占有率、テーブル数、解消数を高性能AIで計算して表現します。