• ピカリカゲ

    「ピカリカゲ」は植物のヒカリゴケをモチーフにしたメディアアートです。

    LEDが集まることによって 菌が集まって一個の生き物のように振る舞うように「ピカリカゲ」は

    LEDが集まることによって意思を持った生き物のように振舞います。 ぜひ近づいてピカリカゲとの対話を楽しんでください。

  • のろいのスマホカメラ

    我々は、ついにひみつ道具「のろいのカメラ」を製作することに成功した! ドシー!! 「のろいの(スマホ)カメラ」に撮影されてしまい被写体がスマホ画面に写ると、スマホが倒されたり、振り回されたりする感覚をスマホと共有するようになってしまいます。人間の前庭組織に微弱な電流を流すと、架空の加速度を感じるGVSという現象があります。このプロジェクトではGVS機能付きヘッドフォンを製作いたしました。

  • 喋ボテン

     

    世の中には、触ると痛いもの、触ってはいけないもの。

    たくさんありますよね。

    サボテンのトゲも触ると痛いものです。

    しかし、サボテンのトゲは、厳しい環境下で生き抜くために、葉の面積が極限まで小さくなった彼らなりの生存戦略の結晶でもあるのです。

  • VR弓道

    概要

    VRで弓道を体験する作品です。

    塩ビ管等の手軽な材料で作った弓なので、低コストかつ作成自体も比較的楽になっています。

    VR上に存在する矢を使用するため、矢を実際に飛ばすことなく安全に弓道を楽しめます。

     

    参考画像

  • ぴか☆すた!

    光のチカラを使って、サッカーやその他のスポーツの観戦応援体験をより楽しく!よりエキサイトに!

    観客の盛り上がりを分析し、スタジアムのライトアップをインタラクティブに変化させるなど、よりスタジアムと観客の一体感を演出します

     

  • Magic Box

    Magic Box は光って音がなるインタラクティブな子供向けIoTブロック。

    平成29年度の内閣府による調査によると、二歳児の約半数が単独でインターネットを利用 している。このような幼児の電子端末使用は様々な問題を引き起こすと考えられる。そ の ため、電子端末を利用しない、実際に触れる幼児向けのおもちゃを 開発した。

  • Splash news

    朝になると寝ている人間の顔面に水をかけてたたき起こし、Google Homeを用いてニュースを知らせ、夢から覚めさせ現実を見せつけるスパルタ式モーニングコールシステム

    1.画像認識で寝ている人間を判別

    2.サーボモータで容器の水をひっくり返し、人の顔面にかける

    3.Google Homeがニュースを報告

  • COLOR BLASTER

    COLOR BLASTERは身の回りにあるモノの「色」がマトになる新感覚シューティングゲームです。
    遊び方はシンプル。指定された色を持つモノを探し、狙いを定めてトリガーを引く、たったそれだけ。
    場所を問わず、子供も大人も楽しむことができます。

     

    コンセプト

  • PAINTAR

    PAINTARはARで落書きができる「スマートトイ」
    専用アプリを用いて、スマートフォンからレンガの模様に向かって
    インクを投げると「AR」の世界と連動して
    実際の『PAINTAR』本体にも色が付きます。

    「AR」の中でインクを当てた位置のレンガが
    実際にLED電球によって色が変わります。