テーマはHack for Sports!テクノロジーのチカラで未来のスポーツを進化させよう!

2018年11月3日〜4日の2日間で、株式会社 野村総合研究所「bit.Connect」事務局様主催によるNRIハッカソン bit.Connect -Hack for Sports-が、お台場のコワーキングスペースMONOで行われました。

スポーツをテーマに、未来のスポーツをテクノロジーでいかに進化させるか、スポーツをする側・観る側・イベントを開催する側などのいろいろな立場に立ったアイデアで、スポーツの未来をハックしました!

DSC_0016

 

スポーツがテーマということで、今回は選手宣誓から始まったハッカソンでした!

DSC_0012


■作品紹介

今回は20作品が発表されました。まずは、審査員の方々が選んだ最優秀賞、スポンサー企業様のテーマ賞の作品をご紹介します!

審査基準はこちら。
THEME (テーマ性、アイデアの独創性)
TECH(完成度の高さ、技術的なチャレンジ度)
DESIGN(UX,表現・デザイン)
PEAK(尖っているか)


【最優秀賞】ぴか☆すた!

PB040734

ぴか☆すた!

光のチカラを使って、サッカーやその他のスポーツの観戦応援体験をより楽しく!よりエキサイトに!

観客の盛り上がりを分析し、スタジアムのライトアップをインタラクティブに変化させるなど、よりスタジアムと観客の一体感を演出します

 

デモ1つ目はこちら!

デモつ目はこちら!

システム構成はこちら

PB040391

白熱した臨場感あるデモで盛り上がりました!

PB040396

審査員からは、「実際に、どこかでやって欲しい!」とのコメントがその場で出ていました。 実際にウェアラブルだったり、配ったりして皆で出来ると一体感がもっと増して良いものに!

PB040405

こちらの作品は、みんなでピンポン玉で投票したオーディエンス賞とKintone賞、DataSpider賞も受賞しました。

PB040663 PB040691 PB040699

なんと、Fitbit Charge3をチーム人数分と、Amazon商品券10万円分が最優秀賞の副賞として贈られます!豪華!


【テーマ賞:SPORT TECH SPORT賞】UMAKUNARU

PB040706

UMAKUNARU(Coaching×IoT)

1.UMAKUNARUとは?
 テクノロジーを活用して、スポーツの「飛躍的上達」を提供する。

2.皆さんこんなことはありませんでしたか?
 コーチに教えてもらったけど全く上達しない。
 スポーツ始めたはいいものの、全然上手くならないし、辞めてしまった。

教えてもらっても、なかなか上達できない!上達できないから辞めてしまった…ということありますよね?

腕と足にセンサーをつけ、筋肉の動きやジャイロデータを取得します。

PB040510 PB040509

デモはこちら!

表現方法としては、色がよかったり、数字が良かったり、その人にあわせた見せ方でできるのが良いと思ってます。とのこと。

審査員の講評として、上手くテクノロジーを生かしているのと、お金のニオイがする!?ということでした!


【テーマ賞:セブン銀行賞】Yeell

Yeell

選手の生み出した感動にチップをあげよう。

歓声が一定量を越えなければキャリーオーバー!!

あなたの声援が、選手に夢を与える!!!

 

<サービス説明>

・チップをあげたいときは、好きな金額を上にスワイプ!

・みんなの歓声が一定量を超えない限り観客のチップは溜まり続ける。

会場に行って直接選手を応援することで、選手にチップが届きます!

チップが一定量たまったら、送金ボタンをスワイプするだけで送金できます。ファンの声援・感動が投げ銭として選手に届きます。

みんながスタジアムに行くのを、促進するサービスです。

デモはこちら。(横になっててごめんなさい!)


【テーマ賞:RIZAP賞】シェアパッション

シェアパッション

『シェアパッション』

皆さん、ブブゼラって覚えていますか?

2010年南アフリカW杯で会場の情熱を体現していた楽器です。

 

『シェアパッション』は家やパブリックビューイング会場にいながら、スタジアムにブブゼラの音を響かせることができるサービスです。

実際にブブセラをその場で鳴らすパフォーマンスに、会場びっくり! 強い感情であればあるほど、ブブゼラの音が大きくなります。

デモはこちら!

この作品は、Twilio賞も受賞!


【テーマ賞:PR TIMES賞】みんなのSugeee!リーグ

みんなのSugeee!リーグ

近所のアマチュアリーグ・アスリートの企業スポンサー・パトロンになってスポーツ振興!

近所の試合観戦時には応援アプリで盛り上がろう!

 

■ 操作

「一般観戦の方」

1.  Home画面より、近場の試合を探しましょう。今、盛り上がっている試合が星の大きさで表されます。

もっとアマチュアリーグを盛り上げたい!という作品。

デモがなかなか動かないハッカソンあるあるでしたが、審査員の徳野さんが質疑応答で伝えきれてないとこがあるとしたら?を聞いて頂いて会場中で「やさしい!!」の声が。

画面構成

この作品はDataSpider賞も貰っていました!


【テーマ賞:野村ホールディングス賞>】Doubles

Doubles

Doublesはスポーツを楽しみたい男女のためのマッチングアプリです。

あなたの位置情報をもとに、ダブルスができるように試合のマッチングを行います。

ダブルスで男女の出会いを!!

スポーツする方は健全だ!という根拠のもと、健全な精神がやどってるはずなので健全な出会いです!と熱弁。

システム構成

デモはこちら。(横になっててごめんなさい!)


最優秀賞・テーマ賞以外の作品はこちらになります。

スポーツをテーマにしているだけあって、躍動的で明るい作品が多かったです!(以下発表順にて紹介)


作品名:観客が試合にコミット

観客が試合にコミット

なんで選手交代しないんだ、

なんでそこで交代するんだ、記録がかかってるのに。

ファンはいつもやきもきするものです。

 

試合は監督が動かすもの?

 

観戦している観客が試合にコミットする。そんな観戦の新しい顧客体験を提供します。

スタジアム観戦の根本をアップデートしたい!進化させたくないですか?!

ファンの声をもっと試合に反映させて、観戦をもりあげよう!例えば、監督のワンマンな選手配置を観客の声で変えちゃえば!?

デモはこちら

審査員からは、ツイッターをみながら試合見ることが多いので、皆の声としてツイッターの情報もあるといいのでは!? という案も。


作品名:RUN TETSU (走鉄)

RUN TETSU (走鉄)

2030年、パーソナルモビリティと自動運転が普及し、 電車を使わなくなる!
山手線がなくなった東京。

テクノロジーが進化しても、変わらないものがある。
それは、人が走り続けることだ!

電車が走らなくなって、線路が使われなくなった未来。

その線路の上を走って、コースを作ったりイベントをたてたりしよう!そして、都市全体をスタジアム化してしまおう!

道路だと走るコースが決まってしまって、都会で非日常を感じるには線路だと思った。

デモはこちら

審査員からは、首都高とかもいいのでは?というさらに尖った案も!?

こちらの作品は、駅すぱあと賞を受賞!さすが線路。


作品名:オレより強いヤツに会いに行く

オレより強いヤツに会いに行く

「スポーツって何だろう?」
「体を動かすこと?でもeスポーツもスポーツだよね?」

このサービスではスポーツを再定義し、
いつでもどこでも誰とでも試合を行い、
互いに心身を育み、成長を実感できます!

●試合設定者として

面倒な日程調整や参加者募集せずに試合を設定できます!

 

スポーツってなんだろ?スポーツの定義って?渋谷とかどうなってくだろう?イベントとかと変わるのでは?

位置情報で、勝手に果たし状が届きます!受け取ったら、相手の戦闘力を見て試合を断ることも可能です。

ううん、ミッチェル強そうだ。

デモはこちら。(横になっててごめんなさい!)


作品名:W-Sports

W-Sports

「日常を、自分たち(We)が熱狂できる新しいスポーツに。」を理念に作られた新しい参加型プラットフォーム"W-Sports"です。

■W-Sportsの目的

 ・新しいスポーツを何気ない日常の中から、創造する。(ex 家事の芸術点、りんごの皮の早剥き、トランプタワーの構築の早さなど)

新しいスポーツを作って、登録します。

スポーツを作ったり、人が作ったスポーツで、新しいスポーツをもりあげていくという感じです。

システム構成図

デモはこちら


作品名:Excitement Graphics

Excitement Graphics (GraphicSynthesizer)

カメラやマイクで観客の興奮度・危険度をマッピング。。。気づいたら映像とシンセを開発してました。機能や最適化よりも気持ち良さを追求します〜 SONYの開発者の方に映像を見せたら、プロ仕様(コネクタ5000円ケーブル30000円の世界)のスペシャルボードをお借りして、ビビリましたw 動画は TwitterにもGIFで上げてあります。

残って夜通し開発をされていました!

今回のテーマにそってません!自分がハッピーになるツールをつくりました。と最初に宣言!

動きに合わせて、映像が動きます。

デモはこちら。(横になっててごめんなさい!)

音が出ないので、動きだけお見せします!


作品名: (Blind) Atheletes guide system

こちらも残って夜通し開発をされていた、個人チームです。

目的は、目の見えないアスリートに音声でガイドします。ランナーだけでなく、ほかの競技でも使えるのではないか?

デモはこちら。うーん、うまくいかずでした!


作品名:BlindGolf

BlindGolf

  • 盲目の打ち手と健常者のアシスタントの2人1組でスコアを競うブラインドゴルフにおいて、アシスタント役をITの力で取って代わることを目的としたスマホアプリ。
  • GPS情報、方角情報、カメラで撮った目の前の画像より、ホール位置や障害物を考慮して、最適な打方向を音声でプレイヤーに提案する。

2人1組でスコアを競うブラインドゴルフを、アシスタントの腕に頼らずスマホで!

使用技術。技術的には、障害物の種類判定が難しいです!!

デモはこちら

こちらの作品はIBM賞をGETです!


作品名:信用スコアですべてのスポーツの観客を可視化をする

データの結果、ライトなサポーターを増やすといい!数が増えると、一体感が生まれる。

学習データは、応援画像で学習させています。

熱狂スコの数値がでます。なぜかお葬式の画像でも比較。おもしろいスコアがでました。

デモはこちら

こちらの作品はIBM賞をGETです!


作品名:宅配ウォーカー

このチームはよく立って話をしていた若いチーム!

深夜も寝ずに開発をすすめていました。ここまでたどり着けたのは、データスパイダーのワッキーさんのおかげ!?

アプリ構成

デモはこちら

審査員から、消費カロリーは実装できない?という質問。

高さが測定できないということで、坂道が測れないので時間で計算してます!とのこと。


作品名:サービスデザイン×テクノロジーで変える ブラインドサッカーの未来

サービスデザイン×テクノロジーで変える ブラインドサッカーの未来

スポーツ振興・スポーツ人口の拡大を目的にし、

スポーツビジネス自体の安定化を目指している。

 

スポーツに着目した際、視覚障がい者が日常的にスポーツ・レクリエーションを行うことは健常者に比べ、非常に少ない。

視覚が無いことにより、行動的制約、情報獲得の制約を受けており、

我々はブラインドサッカーを体験してきました!

このスポーツはコミュニケーションが必要!視覚障害者は、体を動かすことがすくないので、ブラインドサッカーをできると良いと考えました。

作品の概要

残念ながら、時間が足りず!デモできず!

このチームは、ずっと人形に色を塗ったりと、やや大掛かりな工作をしていました。クオリティも高かったので、デモが見たかったです。


作品名:EEEEEカバディ

みんなができるスポーツを!

じゃぁ、何するの?カバディします(真顔

エクストリームカバディです!

プレイイメージ(攻撃と守護でプレイします)

システム構成

デモはこちら。(IBMさんお借りします!)
今回はデモで二人ですが、いくらでも人数拡張できます!!!

この作品は、ピンポン玉投票のオーディエンス賞を獲りました!本気のバカっぽさが、素晴らしい。


作品名:ボルダリング×IoT 〜ボルダーとセッターが高め合う世界へ〜

ボルダリングは、コースを作るセッターと、ボルダリングをするボルダーがいます。そこをデータでつなぎ合わせていきたい!

ここからとれたデータは、セッター(作る人)へのフィードバックとしてのデータ。ユーザーもコースを見るためのものです。

デモはこちら。


作品名:NopAIn

NopAIn

  • 「オレは………オレは今なんだよ!」――桜木花道の言葉

  • アスリートはときに、無茶をします。たとえば

スポーツマンが避けたいもの、それはケガですよね!!!

アスリートの怪我、それを診断する医師との間をつなぐ。アスリートの日々のトレーニング等の記録やちょっとした変化がわかるものがあれば、正確な診断ができる!

記録につけていなくても、音声で「痛い!」といったのも記録するようにとかもできるようにしたい。

システム構成

デモはこちら。


作品名:Prace - キミの足で制圧セヨ(ランニング × 道場破り)

まずはスポーツの定義から考えました。

一人でのトレーニング、楽しみ感じない。たどり着いた結論。

ランニングに対戦要素や道場破りのような要素を持たせてみました!

システム構成


2日間の簡単な振り返りです!


1DAY

スポーツらしく選手宣誓から始まった1日目。

スポンサー企業テーマ賞の紹介

アイスブレイク

「スポーツの世界」を自分なりにうろ覚えお絵かきして、絵の説明をしながら自己紹介です。

インプットタイム

そして2日間サポートをしていただく企業様からの、インプットが続きます。

テクニカルサポート企業様からのAPI等の説明です。

アイデアソン・チームビルディング

チームで参加の人、そうでない個人の人も入り混じってのアイデアソンをして、アイデアウォークからの、チームビルディング!

なかなか、やりたいことやチームが決まらない光景もありましたが、ご飯を食べながらアイデアを固めて発表の準備。

アイデア宣言

アイデア宣言は、個人のチームも含めて合計20チーム!多め!
尖ったアイデア、企業様からのインプットで出てきた問題解決のアイデアなど、おもしろいアイデアが揃いました。

さて、アイデアもチームも決まったとこで、運営兼参加者のハギーさんから掛け声。

みんなで、レッツハック!

さぁ、ハックタイム開始です!

サポート企業さんにも質問したりと、企業さんとの二人三脚開発も始まりました。

夕方にはセブン銀行さんからのおにぎりが!

まだまだ、開発は続きます。

深夜開発

夜8時になると、部屋を移動し深夜〜朝までの開発のために残るメンバーも。

各チーム、おもった以上にたくさんの人が残って深夜もハックハック!

もちろん、夜食もすぐなくなっちゃいます。

早朝の風景

データスパイダーのワッキーさん、深夜もサポートありがとうございました。


2DAYS

深夜組、一回帰った参加者も朝そろって恒例の体操から2日目スタート!

2日目なので、ぼちぼち作品が見えてきます。小道具もいろいろ工作したり、持参している姿も。

企業さんのサポートも、残り時間いっぱいつかって熱が入ります。

立ち上がって、デモを撮影したりテストプレイするチームも。

ハック終了!

タッチ&トライ

各チームごとに投票箱があるので、参加者は良いと思った作品にピンポン玉を入れて投票します。

票があつまった箱を各チーム持って、投げて開票です。

ぴかすたとEEEEカバディが、同票一位でした!

懇親会

懇親会は、人人人!ものすごい人数が一斉に会場になだれ込み、乾杯しました!

審査員の皆様、ありがとうございました!


集合写真

最後は全員集合写真!

参加者、スポンサー・サポート企業様、審査員、運営スタッフのみなさん2日間、本当にお疲れ様でした!


イベントの様子はこちら!

Flickr

Togetter

公式イベントページ


Blog Categories

このブログの著者: mihoyamamo

MA7から皆勤賞だったと思う。 毎日はな歌を歌う日々を送りたい、福井在住フリーランスデザイナー。 できること⇒⇒UIデザイン、Webデザイン、ロゴ制作、グラフィックデザイン、イラスト。 だいたい勉強会(ふくもく会)の運営とか、ハッカソンに参加しています。 https://fukumoku.connpass.com/