MA2018 ヒーローズ・リーグにエントリーされた作品の一覧です
  • RUN TETSU (走鉄)

    2030年、パーソナルモビリティと自動運転が普及し、 電車を使わなくなる!
    山手線がなくなった東京。

    テクノロジーが進化しても、変わらないものがある。
    それは、人が走り続けることだ!

  • 中二病でも会話したい!

    あなたが入力した言葉を中二ナイズします

    一旦中二ナイズされたものが気に入らなければ、「もうちょっとかっこよく」ボタンで次々と候補を選ぶことができます。

     

    候補が沢山あるので、一番WOW!と思ったものを選んでね!

    これだと思う候補が出てきたらTweet Now!

     

    例1

    出る杭は打たれる

    すがる戈はほころび狂気

     

    例2

    溺れる者は藁をも掴む

     

  • FAXVI

    LINEでFAXを送受信するプロダクトです。
    自分の番号を取得してFAXを送受信しよう!
    OCRで受信FAXの内容もテキスト化
    取得したFAXはPDFでメール転送も可能。
    印刷したいときはなんと全国のコンビニが自分のFAXに!
     

  • MultiGun

    VR空間を拡張する銃型ゲームコントローラーです。

    VRシューティングゲームで使用する銃型コントローラーは様々ですが、

    1つのコントローラーでは多くて3つ程度の銃しか表現できません。

    私はさらに複数の銃を表現できるようにし、射撃はもちろんのこと、

    グリップ、リロード手順など現実の武器と変わらない操作性を実現しています。

  • 腕de時計

    [きっかけ]
    ・人文字ってあるじゃないですか。黒い服着た人が何人かで文字を構成するやつ。
    ・手旗信号ってありますよね。遠くにいる人に文字を伝えるやつ。

  • シェアパッション

    『シェアパッション』

    皆さん、ブブゼラって覚えていますか?

    2010年南アフリカW杯で会場の情熱を体現していた楽器です。

     

    『シェアパッション』は家やパブリックビューイング会場にいながら、スタジアムにブブゼラの音を響かせることができるサービスです。

    そう、『シェアパッション』を使うと、選手に情熱を届けられるのです。

  • find meats

    Find Meats

    Find meatsは色覚異常者のために開発された「焼けたお肉を識別する」ためのアプリケーションです.色覚異常とは,正常とされる他の大勢の人とは色が異なって見えてしまう,感じてしまう状態を示す診断名です.日本人男性の20人に1人,日本人女性の500人に1人が色覚異常者であると言われており,日常生活においてしばしばトラブルや困難を起こします.特に,焼肉の場において生肉と焼けた肉を正常に判断できず,一人で焼肉を行うことが難しいことが報告されています.

  • らくらく移動ちゃん

    ■What is This? 

    駅で「両手がふさがってたり、スマホが使えない状態」の人を、音声AIでお助けするサービスです。
    駅の名前や、何番のプラットフォームかを言うと、以下を教えてくれます。

    • エレベーターの場所
    • 授乳室
    • 目的地に近い出口
    • 近くのトイレ

    例えば。。

  • うけトリ

    宅配 × Tech

    背景(製品開発のきっかけ、課題等)

    物流『受け取り方』に変革を

    私たちは、物流の最終段階「モノの受け取り方」に注目し、2つの課題を解決します。