Prototypes

  • Google Homeで幻のNHKラジオ第二を再び

    Google Homeのルーチン機能で、毎朝自動でカーテンが開きradikoの放送で目覚め朝、NHK第二のラジオ体操で体をほぐしてジョギングに出かける。。。。という平和な毎日が、ある出来事によって。。。

    NHKラジオのradiko正式サービス移行に伴い、2019年3月29日をもってNHK第二がradikoで聴けなくなってしまった。

    そこで今回は、なんと幻のNHK第二をGoogle Homeで聴く方法のHACKに成功。

     

     

  • Clovaにヒーリングで癒されたいのに、25もあるヒーリングスキルから選べって、逆にストレスだわ!!

    乱立するClovaのヒーリング系スキル。癒されたいのに、25もあるヒーリング系スキルから選べって、逆にストレスだわ!!! そんなお悩みを一気に解決。日々のコミュニケーションを通してあなたの趣向や心理状態を知り尽くしているAlexaが、お勧めのClovaのヒーリング系スキルを起動してくれます。

    ■仕組み

    ・AlexaスキルとしてNOIDで開発。

    ・「Alexa、クローバヒーリング」で起動。

    ・「ねえクローバ、XXXXを起動して」とAlexaに話させてClovaに聴き取らせる。

  • ClovaジャンケンBotとリアル・ジャンケンしよう!!

    ClovaジャンケンBotとのリアル・ジャンケンをお楽しみください。

    Clovaに音声でこちらの手を伝えると、Clovaのロボット・ハンドが乱数で応戦してくる。

    ■仕組み

    (LINE Clova CEKのスキル)

    ・こちらの手を聴き取り、RunKitのendpointサーバーに通知。

    ・Runkit endpointのに配したプログラムでClovaの手を乱数発生させ、obnizを使ってサーボで指をコントロール。

  • 「ドラえもん」でウェイク! LINE Clova ドラえもんユーザーの悲願叶えました。

    LINE Clova ドラえもんモデル、せっかくお気に入りのドラえもんを手に入れたのに「クローバ/ジェシカ」などとトンチンカンな呼びかけをしないと反応してくれない。。。。と、どれだけ多くの人が嘆いている事か。

    LINE社としては、すべてをドラえもんの声で話すわけでないので「ドラえもん」で起動かかると逆にまずい.....などと、なるほどな事を言っている様だが。

    しかと、やはり、「ドラえもん」なのだから、我々は何が何でも(FAKEっぽい手を使ってでも)「ドラえもん」でウェイクしたいのである。

  • LINE Clovaを「ねえ」だけでウェイク!! 

    LINE Clovaを「ねえ」だけでウェイクさせてみた。

    ■仕組み

    1.Google Homeで「ねえ、ほげほげ」を聴き取り「ねえクローバ、ほげほげ」という言葉に変換しオウム返しするアプリ(Dialogflow)をつくる。

    2.スマホのGoogleアシスタントで、上記のアプリを起動。

    3.スマホの音声出力をBluetoothでClovaの耳に取り付けたワイヤレスイヤホンに転送。

     (マイクはスマホ本体のままにする。)

    4.Clovaがワイヤレスイヤホンの音を聴き取り反応する。

  • LINE Clovaのドラえもんが隠し持っている秘密道具を、すべて白状させる仕組み

    LINE Clovaのドラえもんに、隠し持っている秘密道具をすべて吐かせます。

    (どんな秘密道具を持っているかはLINE社は公開していない。)

    ■仕組み

    1.スマホ等で「秘密道具を出して」という音声を録音。

    2.Clovaに「ねえクローバ、ドラえもんに代わって」と話しかけてドラえもんモードを起動する。

    3.スマホのmp3プレーヤー等で、録音した「秘密道具を出して」という音声をリピート再生する。

  • 戦車とジャンケン、負けたら撃たれるぞ!!

    Alexaにこちらの手を話かけると、戦車の主砲が乱数で対する手を示して来る。

    負けたら戦車の主砲で撃たれる。

     

    ■仕組み

    Alexa定型アクションで戦車という名前のNode-RED家電を操作。

    Raspberry PiのNode-RedのAlexa Home Skill Bridgeで受けて、Rasbberry Pi のGPIOを操作し戦車をコントロール。

     

  • ウチのClova、仲良くなったらウェイクワードなしで会話できるようになったぞ!!

    「ねぇクローバ」との話しかけ不要。用件だけ話しかければ答えてくれる。

    Web画面からobnizのJavaScriptを起動し、着ぐるみに忍ばせたサーボモーターでClovaの鼻(ウェイクボタン)をPush。

     

  • Google Home×obnizでラジコン戦車の「コントローラをハック」してみた

    ■特徴

    ラジコン戦車のコントローラーを制御することで、戦車本体の構造を一切損なうことなく音声コントロールを実現。

    ■仕組み

    Google Homeから、音声( IFTTT this:Google Assistant)でobnizを起動(IFTTT that:Webhook/POST)。

    obnizはWebhook EventをGETして、音声コマンドに従ったLチカのJavaScriptを起動。