Prototypes

  • VAIR FIELD

    VAIRは最大15人で対戦できるスマートフォンを用いたモバイルVRサバゲーシステムである。個々のプレイヤーの位置と方向をリアルタイムに検出し、プレイヤーの装備している武器に備え付けているスマートフォンにそこからみた周囲の映像や、他のプレイヤーの姿がアバターとして表示される。武器は銃型の他にもいくつか種類が用意されている。実際の空間を登録しておくことで障害物などは実際のものと同じ位置にVR空間上でも配置されるため、そこに隠れたりすることができる。リアルの情報と重畳して遊ぶことができるため身体的な制限が少ないスポーツ的な遊び方を実現する。
  • VISTouch AIR

    複数人で同時にHMDなしに自由にタブレットでVR/ARの世界を体験

    HMDは窮屈ですし、不特定多数で使うには不衛生です。
    メガネをかけていると装着し辛く、そもそも重いしケーブルも邪魔。
    なによりも12歳以下は装着することすらできません。
    なにかVRのコンテンツを展示していても年齢を理由に断られてしまって不貞腐れてしまった子供たちを展示会で何人も見てきました。
    某HMDのように、お父さんはHMDで遊んで、子供はテレビの画面でって子供からするとずるいですよね。
  • 参式電子弓

    本物の弓を使ったスタンドアローンARゲームシステム

    三式電子弓は、本物のアーチェリーに各種センサ、マイコン、小型PC、モバイルレーザープロジェクタ、バッテリーなどを搭載したARゲームシステム。本物の弓を扱うように弦を引いて360度全方向に対して仮想的な矢を撃つことが可能。
  • VISTouch

    複数の携帯デバイスを動的かつ立体的に連携させる
    https://vimeo.com/108695964

    ■概要
    次々に新しい携帯端末が発売され、
    次々に購入して、
    次々に古いものが使われなくなって文鎮化していく。

    これはそんな使われなくなったデバイスを組み合わせた新しい使い方を提案する

    ■使い方
    1.専用のケースをスマートフォンに装着
    2.それぞれの端末で本ソフトウェアを実行
    3.ソフトウェア内でBluetoothで接続させる