Prototypes

  • 魔獣キングスパニエル

    25m直線路を爆走するワンちゃん

    • 顔が4つあります
    • 光ります
    • ワンワンとかわいい声で鳴きます

    NHK BSプレミアム「魔改造の夜」で生み出された魔獣です。詳細は番組をご覧ください。

    https://www.nhk-ondemand.jp/program/P202000215500000/

  • サハクィエルマスクバンド

    最近、耳が痛くならないように、マスクバンドつけている人をよく見かけます。その後ろ姿を眺めていて思いました。

    「あれ?エヴァの使徒に似たようなのがいたような…」そう。第10使徒「サハクィエル」です。

     

    マスクの紐を引っ掛けてくれと言わんばかりのデザイン…ということで、作りました。

     

    「サハクィエルマスクバンド」です。

  • MobyDockGame

    Dockerのあのクジラを積み上げゲームができるオモチャにしました!
    コインを乗せたり、ブロックを乗せたり、M5を乗せたり…。どこまで高く積めるか競争だ!

    STLもGitHubで公開しました。お家で作って遊ぼう!

    #MobyDockGame
     

  • M5StickUV

    既製品のUVライトで除菌するには、照射の「距離」と「時間」がとても大切。

    これは距離を赤外線距離センサーで計測し、その時の照射時間をM5StickCでカウントダウンしてくれる、サポートデバイスである。

  • (開発中)スマートマスク

    3Dプリントによるセンシングマスク試作

    アフターコロナまで視野に入れた場合、今後マスクは標準装備品になるのではないだろうか?だとしたらスマートグラスよりも、スマートマスクの方がウェアラブル端末として有用ではないか?という着想の試作品。

    また、イグアスさんの3Dプリンタマスクを見た時、Makerならオリジナルで設計し出力してみたいと思うもの。

     

  • レーザー加工で作る布マスク

    レーザーでカットして作る布マスクです。布から2枚のパーツを切り出し、布用接着剤や裁縫でくっつけます。

    古着をリサイクルしてマスクにしてみませんか?

    加工用のDXFを公開してますので、自分だけよオリジナルマスクを作ってみましょう!

    ※レーザーでなくとも、DXFデータを型紙にしてハサミやカッターで切ってもOK!

  • 【非公式】Fusion360ドアオープナー

    スマホケース型ドアオープナー


    バカリズムのネタで「都道府県の持ち方」っていうのがあるけれど、ああいう発想がとても好き。そんな着眼点でふと思ったのが「Fusion360のFの部分って、何か引っ掛けられそうじゃない?」という点。

    最近、trotecさんがコロナ感染防止対策でドアオープナーを作っていた。それに便乗する形で私はFusion360のロゴを用いて、うまくドアを開けられる非公式グッズを製作してみた。

  • アソベル・マナベル小型モビリティP/F

    汎用フレームに、小型インホイールモータ2個と自在輪2個を取り付けた小型パーソナルモビリティプラットフォーム。

    乗せる外装を変えることで、自由にパーソナルモビリティをデザインできる。

    制御はオープンソースESCであるVESCを、ESP32マイコンでUART制御しており、micro:bitとBluetooth通信している。

    ユーザーはmicro:bitのプログラムを書き換えることで、自由自在な操作I/Fを作りこむことができる。

  • CHIRO

    コミュニケーションロボット「CHIRO」

    コミュニケーションの種類は様々。自分のニーズに応じて、自分自身で機能実装可能なSTEM教育向け卓上ロボット。

    ヘッド部はパンチルトの2軸可動。マイク、スピーカー、カメラなどが搭載。メインコンピュータはラズパイ4。

    【実装例】

     ・分身ロボットによるテレワーク

     ・ペット型ロボットとして暮らしに溶け込む

     ・IFTTT連携しホームオートメーション

    【目指す姿】

     理想はインクルーシブな教育ロボット。例えば…

  • WearRide-Box

    ファッションとコネクトするモビリティ「WearRide」シリーズの一つ。自由にコーディネートできる箱型モビリティ。

    最大大人二人まで乗車可能で、内外装に色々なアイテムを貼り付けることができます。

    外の一面は高輝度LEDパネルで、デジタルサイネージとしてファッション広告等に使えます。

    操作はmicro:bitハンドルで行います。このモビリティには窓がなく、搭乗者はフロントのカメラ映像をモニタ越しに確認します。

    前輪はオムニホイールを使用しており、その場旋回可能です。

  • WearRide-Skirt

    ファッションとコネクトするモビリティ「WearRide」シリーズの一つ。着せ替えできるスカート型モビリティ。

    スカートの中は車椅子形状で、座りながら移動します。好きなスカートを履き、自分好みのコーディネートが可能です。

    操作I/Fはポケット形状の導電布I/Fと、micro:bitアクセサリの2つから選択できます。

    個性を演出でき、日常生活に溶け込むことができるモビリティです。

  • WearRide-Shoes

    ファッションとコネクトするモビリティ「WearRide」シリーズの一つ。靴型の"履ける"モビリティ。

    ローラーブレードについた車輪を、スマホで遠隔操作し動かします。

    マイコンはESP32を使用し、Blynk経由で左右の車輪を同時に動かしています。

    基板もバッテリも全て靴内に収めてあり、コンパクトな形状となっています。

    正直乗りこなすのは難しいですが、とてもスポーティで爽快なモビリティです。