Prototypes

  • しつど と しつど

    部屋の温度(室度)と湿度をMESHタグで取得し、kintoneにデータをためておき、熱中症の危険、カビ&インフルエンザ菌の繁殖が活発になる湿度を検知した際にLINE Bot &メール(SenGrid)へ通知を行います。

    このサービスで家族や社員(グループ)の健康を守ります!

  • 受付嬢サリー

    我らがヒロイン「サリーちゃん」がお客様をお出迎え致します。 呼び出されたメンバーは、 SMS、Line、電話と複数の手段で呼び出され、たとえ休憩中でもお客様の元へかけつけるでしょう。

    【プレゼン資料】

    https://drive.google.com/file/d/1cLGhOtqvlz8L8QHcDP3gAiiJs3LAGAIb/view?usp=sharing

  • kintane(キンターン)

    【テレワーカー向け勤怠システム】

    Alexaに「出勤」「退勤」を伝えることで、勤怠データの登録を行います。

    また、「点呼」と唱えれば、現在出勤状態でないテレワーカーへSMSで通知を行うことができます。

    WEBシステムでの打刻では、スマホでどこでも打刻できてしまう課題がありましたが、Alexaで打刻を行うことで、場所を特定することができます。

    また、AlexaのデバイスIDでテレワーカーを特定する仕様としているため、代返も行えないようになっています。

     

    [出勤登録動画]

  • 東京メトロ分析

    東京メトロの乗降人員数を取得し、グラフ化(可視化)してみました。

    時間があれば、現在の運行状況を定期的に取得し、kintoneへ蓄積し、
    遅延に傾向がないか分析してみたいと思います。
    東京メトロの乗降人員数を「kintone」に取り込みました。
    「kintone」でグラフ出力してみましたが、データをエクセルに出力し、
    「E2D3.js」にてグラフ化も行ってみました。
  • 音は聞こえるけど、焼き芋屋さんは何処???

    焼き芋屋さんの音は聞こえるが、姿は見えぬ・・・
    そうこうしているうちに、音が遠ざかってしまうことってありませんか?
    ※焼き芋屋さんに限らず、チャルメラのラーメンやワラビ餅などの移動販売向け

    IT技術が進んだ現代、この業界にもデジタル化の波が!!!

    移動車のGPS情報を取得することで今、どこを走っているか一目瞭然!
    これで買い逃すことは少なくなるはずです!
    設定次第で、近寄ってきらた時にメールでお知らせ!

    でも最近、焼き芋屋さん少なくなりましたよねぇ~。。。(涙)
  • 緊急事態発生!でも、ここどこ?AEDどこ?

    道端で事故や病人を発見した時、110番や119番へ通報したけど、住所がわからないってことありますよね。
    そんな時、このアプリを立ち上げてもらうと、住所を知ることができます。
    また、一番近くのAEDまでの道のりも表示することができるので、一刻も早くAEDが必要な場面でも役立ちます。
    AEDが遠くにある時も安心、ヘルプの要請ボタンでお助けチーム(有志・ボランティア)に連絡する機能もあります!
  • 本王(ブッキング)

    本はコーヒーや紅茶を飲みながらゆっくり読みたいですよね。
    最近、蓋付きの飲み物なら持ち込みOKな図書館も増えてきてはいますが、
    飲食禁止の図書館はまだまだ多いですよね。

    なので、近くの図書館を探すだけではなく、その近くのカフェの検索機能も付けました!
    時間があれば軽食も一緒にいかがですか?

    ゆくゆくは図書の貸し出し予約とかしたいと考えています。
    「ブッキング」ですからね。。。(汗)
    アプリケーションは「MONACA」で開発を行いました。
  • 可視化:議員

    「政治データAPI」より取得した参議院&衆議院のデータを可視化しました。
     ・キーワード
     ・氏名(姓)
     ・都道府県

    【分かったこと】
     ・「衆議院議員」というキーワードが多い!
       →当たり前か。。。
     ・「山本」さんが多い!
       →日本人口全体では7位
     ・「東京」「大阪」に議員が多い!
       →選挙区が多いのでこれも当たり前か。。。
  • hp(ヒュー(Hue)・パトライト(Patlite))

    「hp」は「ヒューレット・パッカード」ではなく、「ヒュー(Hue)・パトライト(Patlite)」です。

    サーバを運用(個人・法人問わず)している方であれば、サーバ監視を行っており、
    障害検知時にメールが届くようにしている方が多いはず。。。
    でも、そのアラートメールに気付かず、対処が遅れてしまうこともありますよね。。。

    なので、Gmailで特定の件名のメール(サーバ障害関連)を受信したら、myThingsが反応し、
    室内の「Philips Hue」が「赤」く光り、視覚的にアピールしてくれると
  • 受付の内-LINE(ないせん)

    受付の電話設置や配線って思っている以上に面倒なんですよね。
    そして、コストもかかる・・・
    ちょっと変わった受付だと、なんか事務所がイケてる感じしませんか?
    MESHとLINEを組み合わせた受付システムです。

    受付にサイコロ状の受付キットを設置し、サイコロの向きによりLINEでの呼び出しユーザの切り替えを行う。
    ※1面は全員などもOK
    呼び出されたユーザが会議中などで受付に出れない場合、LINEのスタンプなどで不在を通知し、その通知をもってほかのユーザにLINEで代理の受付をお願いすることも可能。
  • PPM[Public Pit Map](公衆トイレマップ)

    散歩やジョギングの最中、もよおしたときって困りますよね。。。

    そんな時にはこの紙…いや、神アプリ!

    一番近い公衆トイレまでの道案内してくれます!

    また、「トイレの掃除が必要」や「トイレットペーパーの補充が必要」という
    アラートを自治体へメール通知する機能もあります。
    アプリはMONACAで開発を行いました。
    公衆トイレのデータはオープンデータを利用(データはkintoneに格納)
  • てつづきおしえ太郎

    「てつづきおしえ太郎」は、各種手続きに必要なモノ(印鑑、本人確認書類、委任状など)をLINE Botが教えてくれるサービスです。

    <概要>
     行政手続きには様々なものがありますが、その手続き時に何が必要か調べないと分からないことが多いのではないでしょうか?また役所のホームページで調べても情報量が多く、検索しきれないことや、結局役所に電話したくなるということがあるのではないでしょうか?

    <特徴>