• アソベル・マナベル小型モビリティP/F

    汎用フレームに、小型インホイールモータ2個と自在輪2個を取り付けた小型パーソナルモビリティプラットフォーム。

    乗せる外装を変えることで、自由にパーソナルモビリティをデザインできる。

    制御はオープンソースESCであるVESCを、ESP32マイコンでUART制御しており、micro:bitとBluetooth通信している。

  • WearRide-Box

    ファッションとコネクトするモビリティ「WearRide」シリーズの一つ。自由にコーディネートできる箱型モビリティ。

    最大大人二人まで乗車可能で、内外装に色々なアイテムを貼り付けることができます。

    外の一面は高輝度LEDパネルで、デジタルサイネージとしてファッション広告等に使えます。

  • WearRide-Skirt

    ファッションとコネクトするモビリティ「WearRide」シリーズの一つ。着せ替えできるスカート型モビリティ。

    スカートの中は車椅子形状で、座りながら移動します。好きなスカートを履き、自分好みのコーディネートが可能です。

    操作I/Fはポケット形状の導電布I/Fと、micro:bitアクセサリの2つから選択できます。

  • WearRide-Shoes

    ファッションとコネクトするモビリティ「WearRide」シリーズの一つ。靴型の"履ける"モビリティ。

    ローラーブレードについた車輪を、スマホで遠隔操作し動かします。

    マイコンはESP32を使用し、Blynk経由で左右の車輪を同時に動かしています。

  • MagicalJ

    魔法の絨毯型モビリティ


    魔法のランプを傾けることで、自在に操作可能。

    スマホをかざし、指でこすることで魔法の妖精も出現(AR)。

    車輪は大型オムニホイルを使用しており、その場旋回可能。

    また、絨毯のふわふわ感を出すべく、左右はあえてふらつく乗り心地となっている。

  • ext-broom-mini

    箒型モビリティ「extbroom」の小型・廉価版。開発費は3万以下を達成。

    より箒らしさを追求した外装。

    箒の棒は脱着可能で、最小長さ900mmサイズで重量3kg程度となり、運搬性にも長ける。

  • 立ち乗り型パーソナルモビリティ「Amper」

    モーター1つでのクイックな旋回を実現させた小型の乗り物です。つま先を踏み込むことで、車輪を駆動軸に接触させ前進させるカラクリ機構となっております。両足で踏み込めば前進、片足だと旋回、両手フリーで操作可能です。これにより、既存のパーソナルモビリティ(Segway等)とは異なる原理、乗り味を実現しました。低コストに努め、製作費は6万円程です。
    MFT2017等に出展しました。