• Unityとかでよく見るアレ

    [Unity](https://docs.unity3d.com/jp/current/Manual/PositioningGameObjects.html Unityマニュアル)とかの3D開発でオブジェクトを移動させるときに表示されているアレです。
    VRやARではなく、現実世界のモノを仮想的なモノに(見えるように)してしまおうというコンセプトです。
  • Miracle Photon Counter

    昨年のNHKサイエンスZERO「”超能力”はあるのか!?不思議に挑む科学者たち」で紹介された光量子乱数発生器の偏りが、本当に起きるのかを、検証できるかもしれないアナクロなシステムを作ってみました。見た目で勝負。なお、このシステムの測定値は、半日の移動平均と、3日間の移動平均に加工した値を記録しています。
  • アイドル♥いたずら学園

     アイドルいたずら学園(ハイスクール)は、
     毎週深夜1時に開講する、ちょっとエッチな生放送バラエティ番組です。手元のスマホを駆使してアイドルにいたずらでき、視聴者の本能と共犯感を満たします。
     視聴者の共犯を「共犯ゾーン」によりリアルタイムでフィードバックでき、連帯感と共犯感を生むことと擬似コミュニケーションを取ることで番組への参加感を強調できる。
  • eRing(炎上リング)

    回路の書けるペン:AgICペンを使ってペーパープロトタイピングしてみました。
    ## 制作のきっかけ、理由
    AgICを買ったから。
    ## こだわった点、苦労した点
    スイッチもAgICで作った。
    ## このページを見てくれた人へのメッセージ
  • ARスケスコ(プロトタイプ)

    現実世界にコンピューターグラフィックスを重ね合わせる拡張現実(AR)を安価に実現するためのヘッドマウントディスプレイ(HMD)。それがARスケスコです。
    100円ショップで売られている保存用コンテナの内側にラッピング用の透明な袋をスクリーンとして斜めに張り、コンテナ上部に置いたスマホの画面を反射させてARを実現しています。
    ## 制作のきっかけ、理由