画像
ロームセンサ評価キット
カテゴリー
Arduino Uno、Lazurite、mbedなどのオープンプラットフォームに対応したロームセンサ評価キット SensorShield-EVK-001です。 ・加速度センサモジュール ・気圧センサモジュール ・地磁気センサモジュール ・近接照度センサモジュール ・カラーセンサモジュール ・ホールセンサモジュール(磁気IC) ・温度センサモジュール ・紫外線センサモジュール が同梱されています。 詳しい仕様・データシートについてはURLを参照ください。

Prototypes

  • フラット点字ブロックシステム

    視覚障害者の方の困りごとで、点字ブロックのすり減りや運動靴の靴底の材質変化により点字ブロックの突起が感知できづらくなり、特に警告ブロック(点状ブロック)が感知しづらいとの話があります。

    また点字ブロックは車いすや高齢の歩行者が通りづらいなどといった問題点もあります。

  • アロマだこ

    かわいいタコが踊りながらストレス発散のアロマを噴霧します。

    • 脈波センサーによりストレス状態を把握します。
    • かわいいタコの踊りとアロマの香りでストレスを軽減することができます。
    • ストレス値に応じて、踊りのパターンや噴霧する香りを変化させることができます。
  • カブのきもち

    運転手とカブ(バイク)の気持ちを周囲に伝えるコミュニケーションツール。

    運転は、性格を物語るを具現化するとともに、道具に過ぎないカブに意思表示の機会を創造しました。

    これらに元に、安全運転を心がけるようにし、気持ちを伝えることで交通社会のぎすぎすを取り除きます。

    表現した結果をクラウドにアップし、運転状態を評価、共有します。

  • 重度肢体不自由者のための高感度磁気スイッチ ROHM MI型3 軸デジタル磁気センサIC BM1422AGMV

    重度の障害を持つと指先が少しだけしか動かない状況になることがあります。
     光ファイバーセンサーなどで微細な動きを取ることができますが位置調整がシビアなことが多いです。このため身体介助などで体位変換などしたときに再調整が必要になることがありますがヘルパーさんでは調整ができず、セッティングできる方が来るまで使用できないとう事例もあります。
    また、通常光ファイバーセンサーなどではON/OFFの信号しか得ることができません。

  • 正しい地球の感じ方

    地球の大きさを感じたことはありますか。
    今回は、地球をハックします。多分、史上最大!!
    北極星の高さを求めることで、地球儀上のどの位置に自分がいるかわかります。
    また、これを応用し、2か所の北極星の角度とその距離から、地球の外周距離を求めることもできます。
    何気なく、授業で習って、使い道のわからなかった数学が、実は地球の大きさを測ることに欠かせない道具であることがわかります。
  • プチセコム

    セコムしてますか?
    おうちセコム、ハードル高いですよね?
    ケーブルが這わせたり、月額費用高かったり・・・
    電源不要な無線通信モジュールEnOceanを使い、簡単なホームセキュリティーを作りました。
    家庭内に設置した、マグネット検出のEnOceanモジュールからの信号で、玄関ドア、バルコニー窓の開閉を検出。セット状態であれば、ご家族へ通報します。
    プチなので、現場へ急行は出来ません。
    Milkcocoaと連携して、市販品では実現できない、きめ細かい、通知が可能です。
  • 加速度計を用いた日常を楽しくするツール

    加速度センサの値によってあなたの日常をもっと楽しくします!
    Rohmの加速度センサを使い、値の変化によってスピードの変化を感知、リズムに乗って散歩や歯磨きができるようなデバイスの開発を目指しました。
    歯磨きが苦な子供に遊び要素として楽しめてもらえたらな、と思い開発を進めました。
    今回は加速度センサのみを使いましたが、様々なセンサを組み合わせ、取り入れることで日常がゲームになるような開発を目指しました。
  • リアル スーパーカーけしゴム

    スーパーカーけしゴム x IoT = リアル スーパーカーけしゴム!

    スーパーカーけしゴムの衝突と連動してUnityアプリ上のスーパーカーがアニメーション。
    【スーパーカー】
    ・Arduino
    ・mbed
    ・rohm 加速度センサーモジュール

    【クラウド】
    ・さくらのVPS

    【PCクライアント】
    ・Unity
  • ラブ❤チェック

    おしくらまんじゅうという遊びをベースとし、寒い日に暖まろうというテーマに沿って、このシステムを作成しました。性別問わず2人の間の風船を割るようなイメージでお互いに強く抱きしめ合い、お互いを温めます。お互いの間の温度上昇により、スクリーンに表示された2つに割れているハートが、ある一定の温度に達することで綺麗なハートの形となります。ハートが完成すると同時に愛の深まる音楽が流れ、2人はすごく良いムードになることでしょう。みなさんも、互いの愛を確かめたくありませんか?
    1. 温度の初期値を設定
       ↓
    2. 温度センサを用いて温度を取得