完成作品
今年話題をさらった個人の価値をトレードするVALU。
しかし、VALUにはユーザーに求められていても足りない機能が目につきました。
そこで自らもVALUユーザーとなった森が自分で欲しい機能を次々と作成・公開しました。

(1) VALUキャッシュページ
https://valutool.biz/cache/masahidemori
8月までVALUは営業時間(9〜19時)以外はユーザーページの閲覧も出来ませんでした。
そこでVALU発行ユーザーのページをすべてキャッシュ化して、営業時間外に閲覧できるようにしました。
さらにユーザーの数値は d3.js を使用してわかりやすくグラフ化しました。
11月になってから作成した100日間グラフはビットコインの急上昇によって1VAのBTC値よりも価値が上昇していることを確認できます。

(2) VALUキャッシュランキング
https://valutool.biz/cache/
キャッシュページのデータをいろいろな指標でソートしてランキングとして作成しました。
総合PT、時価総額、1VA金額、WATCH数、出来高、値上がり、値下がり、のべVALUER数、プロフ文字数、規約違反のおそれ、投稿反響、発行VA数別、カテゴリー別
特にVALUの活況が減ってきてからはアクティブなユーザーを探す「投稿反響」が一番人気です。

(3) VALU友達検索
https://valutool.biz/cache/
FACEBOOK友達を探す、TWITTER友達を探す機能が欲しかったので作成しました。
TwitterはAPIを使用、FacebookはAPIでは出来ないため、かなり無理やりな方法で実装しました。

(4) VALUガチャ
https://valutool.biz/gacha/
VALUガチャは無料で今すぐ応援できるVALU発行ユーザーを推薦してくれます。
VALU審査済ユーザーは 1万8700名いますが、売り注文が出ているのは 約2000名 です。
そのうち優待を設定しているのは 約700名 ですが、簡単に探す方法がありませんでした。
そこで、これから活躍しそうな人で今すぐ買えるVALUを条件にしたがってランダムで推薦するサービスをガチャに例えて作りました

(5) VALU CARDS
https://valutool.biz/cards/
トレーディングカードに似せて気になるVALU発行ユーザーを探せるサービスです。
トレーディングカードのようにパックを選んで、ユーザーのカードから直感で応援したいユーザーを探すことが出来ます。
(1) VALUユーザーの条件を選びます
(2) VALUユーザーカードが配られます
(3) 気になるユーザは右にスワイプ →
(4) ← スルーするユーザーは左にスワイプ
(5) ダブルタップでそのユーザを選んで終了
(6) 最後までカードを選んだらボタンで終了
その時のカードパック(並び)をシェア・ツイートすることも出来ます。
2017年7月14日以降、VALUからは1秒に1回以内に押さえて各ページをスケジューリングしてスクレイピング。
API・素材等
タグ
チーム名
森雅秀
チーム
プロトタイパー
役割