アイデア段階

 

  •  企画概要
  1. 落とし物をしたら、QRコードを読み込んで、落とし物について bot に説明する。
  2. オープンチャットの url が送られてきて、そこで空港にいる人たちが探してくれる。
  3. 落とし物を誰かが見つけたら落とした人に、教えて届けてあげる。
  4. 落とし物のあった場所をクリックして情報を蓄積する。
  5. 落とし物を落としやすい場所がわかるようになる。

 

  •  企画説明

5W1H

・Who(だれがそれを使うのか)

主な使用者:落し物や無くし物をした人、子供が迷子になった人など

及び空港内にいる人

 

・When(いつそれを使うのか)

無くし物に気付いた時に利用

 

・Where(どこでそれを使用するのか)

空港内で利用

 

・Why(なぜそれを使うのか)

無くし物をした人が、一人で物を探すのは大変で見つかる可能性もあまり高くはないと考えられます。そこで周りの人に協力を促すことによって、搜索時間の短縮及び発見可能性の向上を望むことが出来ると考えました。

 

API・素材等
チーム名
もりけん
チーム
プロトタイパー