完成作品

自治体含みアカウント運営してると画像が急遽作りたいことがあります。
災害時もそうですが、自治体のLINEアカウントで多様されるリッチメニューの項目を季節ごとに変えるなど日々の運用でも住民に対してわかりやすくするために日々調整が必要になります。
ただ文字を変えたい。それだけなのに、Photoshopなど画像生成のツールをいじれる職員が常にいるわけではありません。
そういう時にすぐに画像を作れるツールです。

特に災害時にTwitterでは140字だと伝えたい地域名含めてかけてしまい、ワンステップ先のサイトまでいかないと伝わらないことになっているものを多くみます。
そしてそのサイトが落ちてることも・・・

そういう時にこの画像ツールを使えば簡単に提供できます。

ぜひツールを触ってみてください。サーバなどにもデータも送らないため、他に影響することはありません。
https://wakasamasao.github.io/text2image/

githubに公開されていますので、データをダウンロードして設定ファイルや画像を変更などするのがベースになります。
そのため、ローカルファイルでも動くようにしており、index.htmlをブラウザで開いてください。
(ローカルの場合はIEでも動作しますが、Microsoft Edgeのみ2020/1/15リリースバージョンまでは非推奨となります。)
サイトにあがっているサンプルで問題なければ、そのまま利用可能です。

機能としてパラメータで切り替えが可能で、操作する人によりボタンが多くあり混乱してしまうなどの変な勘違いをさせないようにすることも可能です。

● 緊急用の画像のみを操作させる。
https://wakasamasao.github.io/text2image/?id=snsdisaster

● LINEのリッチメニューのみを操作させる。
https://wakasamasao.github.io/text2image/?id=linemenunormal

● 設定画面を直接いじりながら画面のレイアウトを調整する
https://wakasamasao.github.io/text2image/?mode=setting

タグ
チーム名
若狭企画
チーム
プロトタイパー
Wow
ライブラリ使わずローカルでも動いて変態すぎてWow