開発中

重度の障害を持つと指先あるいはまぶたが少しだけしか動かない状況になることがあります。

現在では1個でもスイッチを正確にON/OFFできればワンキーマウスなどでパソコン操作のほぼ全てが可能になります。


光ファイバーセンサーなどで微細な動きを取ることができますが位置調整がシビアなことが多いです。
このため身体介助などで体位変換などしたときに再調整が必要になることがありますが
ヘルパーさんでは調整ができず、セッティングできる方が来るまで使用できないとう事例もあります。

高感度磁気センサーを使用することにより高感度で位置がアバウトでも使用できるスイッチを開発しました。
体位を変えても無調整で使える指先の微小動きでON/OFF出力できるコミニュケーション機器
 

タグ
チーム名
Assistech Design Lab
チーム
プロトタイパー
役割
Wow
1ヶ所動けばネットで社会参加しよう