開発中

ビンゴといっても数字ではなくチェック項目を5x5に配置して、何個該当したか、何本ラインを作れたかを測定します。
今までのビンゴでは何本ラインが出来たかだけの判定でした。
ビンゴレベルでは、チェックした項目が無駄にならないようにレベルを判定します。
さらにビンゴを作成しようとすると24個も項目を考えるのは大変ですよね。
ビンゴレベルでは3問入力すれば、残りは連想された候補のワードを簡単に入力できるようになります。

具体的には、WikipediaでダウンロードしたタイトルDBとジャンルDBから連想語を探し出します。

さらに、メタデータ株式会社の連想語・関連語APIからも連想語を取得します。

他にも既存のビンゴを改修して簡単に作成できるモードもあります。

ビンゴをチェックして判定すると、レベルの表示とともにチェックされていない項目に関係ある楽天APIからのオススメ商品が表示されます。

 

チーム名
テックモリ
チーム
Wow
ギリギリでの応募ですが、作り込んで行きます