開発中

MashupAawards 7 (2011年)の頃からいろいろと作品を作り上げてきたのですが、
毎年、登録した作品たちが日を追うごとに消えていくことに対して、さみしい思いをしていました。

2011~2013
 ⇒ MashupAwardsの申込サイト(各年ごと)
2014~2017
 ⇒ HackLog
2018~
 ⇒ ProtoPedia

アプリコンテストのたびに、作品の情報が消えていき、システム移行などで、また、作品が消えていく...。
そんな想いを無くしていく。作品たちを永久に保存していきたい。
あの頃の記憶とか、作品たちの情報を見やすく管理したい。

CHROCOでは、「ふつうのポートフォリオでは語れないストーリーを見せる」を実現しています。

  1. 制作の過程をタイムラインで見せる
  2. 想い入れの強いストーリーは、掘り下げて深みを見せる

ふつうのポートフォリオでは語ることのできない、制作過程の深みや広がりを表現するために、
タイムラインで表現するタイムライン型のポートフォリオを作成しました。

また、プロトペディアのデータをインポートできるように、プロトペディアのAPIを作成して、
プロトペディアとの連携をできるようにしました。

プロトペディア API

今までの作品たちをインポートしてみて、タイムラインで並べてみましょう。

はじめてのCHROCOガイド

チーム名
プロトペディアと共に去りぬ
チーム
プロトタイパー
Wow
プロトペディアをハックする。