画像
Google Home
カテゴリー
Google アシスタントがハンズフリーでお手伝い \"OK Google\" と話しかけると、Google で調べ物ができたり、音楽を再生したりするのはもちろん、毎日の予定の管理やスマートホームの操作も簡単にできます¹。

Prototypes

  • Sense Encourage

    疲れている人に対してその"疲れレベル"を計測します。疲れレベルが高い人を元気づけるための動画や音楽をスマートスピーカーが再生してくれます。また、自分が疲れているということをLINE Botがスタンプの形で代弁してくれます。

     

  • だらしないマネージャを救うスマートスピーカアプリ「けいこさん(仮)」

    新ジャンル「ながら承認!」で、だらしないマネージャの「承認地獄」を救済!

    漫画をみながら勤怠承認、Twitterをみながら購買りん議の承認、筋トレしながら休暇申請承認!

    スマートスピーカと「あらゆる"承認"ツール」を繋ぐことで実現します。
    「一覧」「承認」「却下」「保留」「詳細」の5つのアクションのAPIさえ用意すれば、どんなサービスとも連携が可能。

    これならあなたも「承認」できる。

  • フレンズを紹介するラッキーさん

    あまぞんちほー、ぐーぐるちほー、らいんちほーのラッキーさんに話しかけると、フレンズの特徴を教えてくれます。
    「けものフレンズ」プロジェクトの<二次創作に関するガイドライン>に則り作成した非公式スキルです。
    http://kemono-friends.jp/

     

  • タイマーの逆襲

    逆にAI側から「ねえ人間、5秒経ったら教えて」といった感じでリクエストがくるAIスピーカー向けのアプリケーション。 AIは厳密に時間を計測するので0.01秒のずれも見逃さない。人型のスピーカースタンドがAIのふてぶてしさをより増大させる。

    【ストアURL】
    https://assistant.google.com/services/a/uid/000000d6315c9755?hl=ja

  • スマートスピーカーに合わせてしゃべる「ひっかけクイズ」

    Googleアシスタントのアクション「ひっかけクイズ」です。

    とても有名な2種類のクイズ、「十回クイズ」と「何を言ってもクイズ」を GoogleHome と一緒に楽しめます。
    相手の言葉に思わずつられるこれらのクイズですが、GoogleHome が相手でもひっかかってしまいます。
    いつもとは反対に、GoogleHome からの指示に従ってしゃべるのも新鮮です。
    家族やお友達と一緒にお楽しみください。

  • AIQue

    AIQueは、AIへの問いを考えるゲーミフィケーションによって、

    人とAIの関係性を見直す作品です。

     

    カードに書かれたキーワードを、スマートスピーカーに言わせる。

    シンプルなルールながら、どうすれば適切な答えが引き出せるか、

    知識力と思考力が問われるゲームをつくりました。

    また、雑音や距離など音声認識ならではの制約を活かすことで、よりゲーム性を高めています。

     

  • うちの神

    自然な動作で勝手にやってくれるスマートスピーカー「うちの神」

    娘が口笛を、ピーヒャラ♪と吹けば、

    朝のあいさつで、まとめて自動操作開始> 測定温湿度からエアコン、扇風機などを起動。今日の天気から傘の有無を教えてくれる。

    カメラで撮った顔認証から、その人の(例えばお父さんの)予定を読み上げ、LINEに情報を転送してくれます。

     

  • MagicMinutes 全方位自動議事録作成機

    [マジックミニッツとは]

  • ウォーリーはここだ

    584。これは広島県の高等学校の平均生徒数。運動会では、この膨大な数の生徒の中から一人の我が子を見つけ出し、ビデオに収める責務を負った親たちが、観戦にも集中出来ずに苦しんでいる。

    我々は親たちに、最高にエキサイティングな運動会観戦体験を提供するために、このシステムを開発します。

    • 子供の居場所を、視界の中で完全にトラッキング。
    • 映像の中で、子供を動的にマーキング。
  • ミミ子のただいまプリンター

    # 日本では今、子育て世代のうち70%を超える世帯で母親が働いています

    ※ 厚生労働省「国民生活基礎調査 末子の年齢階級別にみた母の仕事の状況」より

    - 小学校卒業までは学童保育を利用できるよう法改正されましたが、共働き世帯が多くなっているため、首都圏を中心に「学童保育の待機児童」が多数いる状態です。
    - その結果、まだ安心して留守番させられない年齢の子ども達(特にこれまで学童対象ではなかった小学校高学年の児童)が、親のいない家にいる時間が増えているのも事実です。
  • 金庫プラス

    金庫プラスは、四則演算で鍵を開ける金庫です。

    普段は、自由に開け閉めができますが、赤いボタンを押すことで、鍵がかかります。
    鍵は、ディスプレーに表示される計算をクリアする事で開けることが可能。

    箱の中にはコンセントがあり、充電も可能!

    また専用のスイッチがあれば強制的にロックします!
    スイッチが押されている間、
    金庫の警戒レベルがどんどんあがり、計算問題が難しくなります。
    ※警戒レベルは時間が経つにつれて下がっていきます。

    【出題問題例】
  • MeshBot Kit メッシュ・ボット・キット

    話題のMESH Raspberry Pi Hub (開発テスト版)を使った、MESHの全ての機能を使い倒した二足歩行お喋りロボットです。

    # MESH RasPi Hub ラズパイ版MESHはこんな感じ:
    - MESH Appはそのままに(タブレット上で動く)、レシピをラズパイに保存、遠隔から操作できる!
    - ラズパイの複数運用、常時接続、よりIoTっぽく!

    # これまでのMESHだけではできなかったこんな事を実現しています: