開発中

市民ランナーあるある

  • はじめは勢いよくスタートする。
  • 途中からなぜ走っているのか分からなくなる。
  • 辞めたい。けど高い金出してるし。。の無限ループ。
  • 歩いたり走ったり。声援のおかげでなんとかゴールする。

 →疲れているときの応援は別格


市民ランナーの家族あるある

  • 応援したいけどいつ走ってくるのか分からない。
  • 応援できるのはほんの一瞬。
  • マラソンのシーズンはたいがい寒い。

 →なんなら家で応援したい。(個人の感想です。)


M5StickCを活用した市民ランナー応援システムを開発。

  • 5分以内に100歩以上進まないと、Slackにヘルプメッセージを送信。
  • Slackをみた家族がGoogle Homeを利用して【家から】応援メッセージを送信。
  • M5StickCの画面に応援メッセージを出力。

本システムには重大な欠点がありました。

  • 応援メッセージを受信してもランナーが気付かない!

 →Speaker HAT を追加して、メッセージ受信時に音で知らせる機能を追加予定。

API・素材等
チーム
プロトタイパー
役割