完成作品

機械音を発する人工苔との対話を通し,地球外生命体とのコミュニケーション方法を習得するためのデバイスです.

  • 人工苔にはニューラルネットワークを用いたオートエンコーダが搭載されており入力音声を学習
  • 学習した音声特徴量から電子音を合成
  • 日々の対話のなかで人工苔は生命らしい振る舞いを獲得する(かもしれない)

最初はランダムに聞こえる人工苔の声も日々話しかけることにより,何かしらのパターンを形成していく.その課程で,人間は人工苔と対話しているような感覚を覚えるだろうか.人工苔に生命的なものを感じるだろうか.

 

API・素材等
タグ
チーム名
workpiles
チーム
プロトタイパー
Wow
何かやばそうなもの作るぞ!