開発中

◯Don't stop the music VRライブで一体感

最近、盛り上がりを見せるVRライブ。しかし、いまいち盛り上がらないそれは一体感が足りないからだ

一体感を持たせるために下記の機能3つを盛り込んだVRライブ会場を開発しました。

1、サイリウムを振り続けないと、ライブが視聴できない。

2,サイリウムの動きでサイリウムを変化させ、周りの視聴者にみせる。

3,視聴者数を表示する。

また、介護業界における能動的音楽療法を効果的にするために、手拍子をしている間だけ音楽が流れるプレイヤーも開発中。

 

ービジネス性ー

1、音楽業界CDフィジカル不振、ライブビジネスが収益を支えてる。

2、サブスプリクションが流行していく中で、プレイリストをただ受動的に音楽を聞くのではなく、VRで能動的に音楽を楽しむ新しい提案!

3、ただ、どこで楽しむの?コスト感は?

カラオケ店にいき、カラオケボックスならぬ「ダンスボックス」に変身、最新VR機器をカラオケレンタル金額で安く借りれる。しかもクローズドな空間で思っきり踊って発散!友達とも共有ができます。

→個人で買って楽しむにはまだまだVRはコストがかかる!自分の好きなアーティストだけでかける費用間ではない。

4、キャッシュポイントはカラオケ店での新しい顧客獲得とVR機器が全国のカラオケボックスに配置されること

5、新サービス
カラオケ独自の採点機能や、テンポ変換、音程キーを変更するような機能と連動すれば、ヘッドセットをつければ、まるでアーティスト気分で踊って歌えることも可能になります!

6、マーケット
現在全国に約16000ほどのカラオケルームが存在し、利用者も年間4千万人以上!このマーケットに落とし込み、さらにダンスしたい新しいファン層を獲得、マンネリ化したカラオケ店にVR体験できる新しいコンテンツを提供します!

7、ビジョン
よりみじかにVR体験をするにはカラオケボックスが一番、ライブビューイングよりも新しいアプローチができます。

ライブハウスで音楽を楽しむか?カラオケに行ってVRで踊り狂うか?新しい選択肢をチョイスできます。人気アーティストの券売貢献、VTuberなどのデジタル活動のみのアーティストのライブ提案などもできます。

 

 

タグ
チーム名
走りつづける青春
チーム
プロトタイパー
役割
プロトタイパー