画像
Fusion 360 API
カテゴリー

Fusion 360 は、Mac と Windows の両方での利用が可能な、クラウド ベースの 3D CAD/CAM/CAE です。Fusion 360 内部で動作するスクリプト/ アドインの開発をサポートするAPI を提供します。Python、C++ を使った開発が出来ます。なお、クラウドに保存されている Fusion 360 データには、Data Management API によってアクセスして情報を抽出したり、Data Derivative API の変換機能を利用して Viewerに表示させることが可能です。Fusion 360 体験版は、http://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360 からダウンロードすることが出来ます。

Prototypes

  • Star ☆ Jam Street ~清掃楽器音楽夢想~

    ■ コンセプト

    音と光を演奏できる"清掃楽器"ほうきギター、はたきドラム、デッキブラシベース、ちりとりキーボードなどによる、鑑賞者飛び入り参加型のインタラクティブパフォーマンスアート作品。

    飛び入り参加した鑑賞者同士が相手と息を合わせて音を重ねて行く事で音楽が生まれ、演奏者のグルーヴは音と光でさらにオーディエンスに伝わり楽しさとワクワクが広がって行く。

  • Pocket Driver Pro

    散乱するティッシュと白くなった洋服.......最悪な気分で始まる朝........

    ポケットティッシュを洗濯してしまった時の絶望は人々を苦しめ続けています。

    私たちはこの悲劇を繰り返させないために「Pocket Driver Pro」を開発しました。

     

    「Pocket Driver Pro」 はポケットに入っている物をカウントしてLEDで表示し、ポケットに物が入っている時はベルトをロックします。

  • デジたま

    ■デジたまって?
    温め方で生まれるキャラクターが決まる たまご です。

     

    ■仕組みは?
    温める たまご に様々なセンサーを仕込み,その値の推移を分析し、温め方としています。

    性格付けられた複数のキャラクターを用意し、温め方に性格/性質が一番近いキャラクターを選択します。

    しばらく温めていると たまご が震えだし、音を出しながら、殻を割って、選択されたキャラクターが生まれます。

     

  • 方位自身

    駅構内を彷徨い、違う改札に入って駅員さんに取り消してもらう
    スマホの地図をくるくる回してしまい、「目的地周辺」でナビが終わることに逆ギレしちゃう
    「ここだよ、ここ」「あっちの方にあるよ」と場所や方向を指されてもイマイチわからない

  • Planet Explorer

    太陽系の惑星の色に輝く石のアート作品です。それぞれの惑星の特徴的な色を4つ抽出し、優しく光ります。この作品に触れることで、日常生活の中でのストレスを忘れ、広い宇宙に想いを馳せリラックスすることができます。

    石は太陽系を不規則な周期で移動する小惑星「トータティス」を形取っています。宇宙空間を旅するトータティスが、惑星の色を拾い集めて輝いているようにも見えます。

    あなたの手のひらの上で石を振るたびに、色が切り替わります。バッテリー内蔵で電源ケーブルがなく、どこにでも好きなところにおいて楽しむことができます。

  • Tu fui, ego eris.

    【概要】

    本作品は、すべてが最適化された理想的な未来の裏側に潜む、自身の存在の喪失という恐怖を体感するためだけの作品です。
    目の前に立った人の顔を認識・撮影を行い、あたかも意思を持っているかのように振る舞うアバター(≒デジタルクローン)をコンピュータグラフィックスにより生成し、犬型オブジェクトを通じて提示します。
     

    【体験】

  • ヒボたん 〜 移動式植物栽培ロボット 〜

    明るい光を求めて歩き回るかわいいヒボたんロボット

    ヒボたんはサボテンの仲間でキャンドルサボテンとも呼ばれて
    なるべく明るいところ、光がたくさん当たる場所を喜ぶよ!

    コンセプト
    ペット飼いたいけど飼えない…
    植物育てたいけどすぐ枯らしてしまう…
    いやされたい

    そんな悩みを 自分で日の当たる所へ移動する植物栽培ロボット ヒボたん が
    解決します。

    可愛らしく動く足!
  • Kobots コネクト・カスタマイズ・ロボット

    = Kobots, Konnected Kustomizable Robots =
    = iPhoneとコネクトし、LEGOでカスタマイズできる子どもでも簡単に作れるロボット =

    - Konnected/コネクティッド: サーボ、モーターがついたKobotブロックが、レゴとくっ付いて様々な形を作ることができる。iPhoneとWifiでつながって、自由に動かすことができる。