開発中

人間は基本的に毎日排便に時間を割いている。その時間を計測し、移動距離に変換することで、自分の排便時間でどこまで行けるのかを表示する。

排便時間は、照度センサを用いてトイレの電灯を点けてから消すまでの時間としている。また、センサ関係を内蔵するものとして、とぐろを巻いたうんこ型のものを3Dプリンタを用いて作成した。

排便時間を移動距離として可視化するために、駅すぱあとwebサービスを使用している。

 

小学生のころ、自分の排便タイムはどのくらいなのか測っていたあの頃。ライフログの一環として排便回数を記録しているここ最近。自分の排便への関心をついにシステム化。

どれだけトイレに居るのかを、距離として見せつけることにより、トイレでダラダラする時間を減らせる?!

産み落とされたうんこの長さや色を観測することで健康状態計測もしたかった。

チーム名
ドブ川糞重
チーム
Wow
うんこは恥ずかしくはない