完成作品
Tabe/g(タベグラム)はお茶碗をのせるだけで日々食べたご飯の量を記録・分析してくれるコースター型のIoTデバイスです。食べ過ぎた場合の体型変化を予測してくれるインタラクティブな鏡もセットで開発しました。例えばご飯をよそいすぎると自分の姿が太って見えて、食べ過ぎないよう注意喚起してくれます。

使い方:カバンや食器棚からTabe/gデバイスを取り出し、食材を盛り付けたお茶碗やお皿の下におきます。デバイス表面に備え付けたLEDが点灯し、前回食べた量をリマインド。前回食べ過ぎだった場合には、控えめにするなど意識的に量をコントロールできます。

こだわった点:スマホでコントロールするIoTデバイスが増える中、スマホがなくても利用時の操作が完結できるようにしました。
・Maker Faire展示用の構成
RaspberryPi3 -> Soracom Air -> Soracom Beam -> AWS IoT -> Amazon Elasticsearch Service -> kibana

・github
https://github.com/tabegram

・Tabe/gのデータ解析部分に関して(Qiita)
https://qiita.com/yumatsud/items/e6dbf72b641fe5c53377
チーム名
抽象的電子工作
チーム
プロトタイパー
プロトタイパー