開発中

Wearboは未来の布製ウェアラブル文字入力デバイスです。布上になぞるように手書きをすることで任意の文字を入力できます。布上に文字を書くことで得られる皮膚感覚に加え振動によるフィードバックにより手元が見えなくても簡単かつ直感的な入力をすることが可能です。また、フリック入力による高速な入力も可能です。


 Wearboは、導電性の布と静電容量センサを通じて布上でどのような動きがあったかを認識し、それを機械学習を用いてリアルタイムに分析することで容易な手書き入力を可能にしています。導電性の布は、東京大学電気系染谷研究室の協力により高い伸縮性と感度の高さを実現しています。また、機械学習は独自データセットを用いて学習を行うことで、布上での指の動きの認識に最適化したモデルを作成しました。


 昨今、スマートウォッチやARグラスなどのウェアラブルデバイスが続々登場していますが、どれもスムーズに文字を入力するのが難しいとの思いからこのデバイスを製作しました。使い方はとても簡単で、Wearbo本体とbluetooth対応端末をペアリングするだけです。手書き文字入力という慣れ親しんだ操作により直感的な文字入力をすることができます。また、モードを切り替えればフリック入力も可能であり、独自のフリックパターンの実装により素早い文字入力をも可能にします。これらは満員電車など音声入力が使えない状況や、会議中などスマートフォンを取り出すのが憚られる状況において真価を発揮する考えられます。


 Wearboはいつでもどこでもあらゆるデバイスにつながり、ユーザーをスマートウォッチやARグラスに付随する文字入力に関わる問題から解放します。将来、全てのデバイスを手やカバンに持つのではなく衣服として身につけて過ごす世界になるかもしれません。

API・素材等
チーム名
チームwearbo
チーム
プロトタイパー
役割