完成作品

外に持ち運んで使える多機能なデバイスを作成しました。

使用モジュールはM5Stack用環境センサユニット ver.2(ENV II)とM5Stack用GPSモジュール V2です。

(動画内では、室内での撮影のためGPS情報の取得に外付けアンテナを使用しています)

 

3つのボタンを長押しすることにより3画面の切り替えを行えるようにしています。

画面1(左ボタン)には、温度と湿度、日時が表示されます。

また、現在地の不快感(5レベル)をステータスバーと顔画像の表示により可視化しています。

各レベルごとに色と顔の表情が切り替わり、不快感が最高レベルの時は、警告音とステータスバーの点滅を行い注意を呼び掛ける仕様です。

画面2(中央ボタン)には、日時と緯度経度、移動速度が表示されます。

また、パラパラ漫画のように歩く人を描画したりしています。

画面3(右ボタン)には、ゲーム画面としてテトリスがプレイできます。

※テトリスはArduino IDEのサンプルコードを参考にしています。

これにより、ちょっとした体調管理と暇つぶしができること間違いなし。

======================================

We have created a multifunctional device that can be carried outside and used.

The modules used are the environmental sensor unit ver.2 (ENV II) for M5Stack and the GPS module V2 for M5Stack.

(In the video, an external antenna is used to acquire GPS information for indoor shooting)

You can switch between 3 screens by pressing and holding the 3 buttons.

Screen 1 (left button) shows the temperature, humidity, and date and time.

In addition, the discomfort (5 levels) of the current location is visualized by displaying the status bar and face image.

The color and facial expression are switched for each level, and when the discomfort is at the highest level, a warning sound and a blinking status bar are used to call attention.

Screen 2 (center button) shows the date and time, latitude and longitude, and movement speed.

It also depicts a walking person like a flip book.

On screen 3 (right button), you can play Tetris as a game screen.

* Tetris is based on the Arduino IDE sample code.

There is no doubt that this will allow you to manage your physical condition and kill time.

 

API・素材等
チーム
プロトタイパー