完成作品

CiirrCUSは、板野サーカスを題材にしたインタラクティブアートです。

「疾⾛感ある空中戦映像を、⾃ら操作できるようにしたい。」
その思いは“マクロス”や“エウレカセブン”を観たときことがキッカケとなります。
それら作中での戦闘場⾯にて、⾼速かつ⽴体的な挙動や、ダイナミックなカメラワークには、衝撃を受けました。

調べるとそれは、板野⼀郎⽒が確⽴した“板野サーカス”と呼ばれる映像表現技法で、様々なアニメーション作品に影響を与えたようです。
私は「これを観るだけに留まらず、⾃ら操作体験できるようにすることで、より⼀層の没⼊や⾼揚が得られるようにしたい」衝動に駆られました。

戦闘機同⼠でミサイルを打ち合うゲームは既にありますが、
ゲームとして成⽴させる上ではカメラワークが固定的になりがちで各種挙動にも様々な制約を設けざる得ない為、
疾⾛感ある板野サーカスの操作体験に⾄ることは難しい印象を持っています。

私は、避けることに要素を絞り込んで、操作をシンプルにしつつ、各種挙動やカメラワークを試⾏錯誤して、この課題に取り組みました。
本作では、疾⾛感ある表現と直観的な操作の両⽴に挑んだ次第です。

※本作はウェブアプリとなっています。高性能なPC/タブレット/スマートフォンで、該当サイトへアクセスすれば体験可能です。

チーム
プロトタイパー
役割
Wow
インタラクティブ板野サーカス!