開発中
概要
==
YouTube映像に連動したMashup作品をハッカソンなのでエンドユーザ・プログラマが気軽に開発できるフレームワークです。
Webブラウザ上のYouTubeプレイヤーで再生される映像に同期して、各種Webサービスやスマートフォン、および各種IoT機器と通信し映像コンテンツを拡張することができます。拡張のためのプログラムは YouTubeの映像コンテンツに対し公式にサポートされている字幕形式であるsrtファイルの形でJavaScriptを埋め込み,映像のタイミングに合わせて実行することで実現しています。

特に何もインストールしなくても、ブラウザさえあればPC, スマートフォンなどで使用できます。
たくさんのおもしろい使用例を作りました。プロジェクトサイトもぜひ御覧ください。
http://www.unryu.org/home/srtjs

特にsony MESHと相性がよいです。
IDCFクラウド経由でmyThingsと連携し、IoT機器との接続も実現します。
サーバはMicrosoftAzureを用いています。

使用方法
==

Youtubeの動画には「字幕」をテキストとして記述し、保存できます。その際、srt形式という、一般的な字幕フォーマットのテキストファイルをアップロードできます。これは字幕を表示する時間情報と、表示するテキストを羅列したシンプルな形式です。

ここで、字幕テキストの代わりに、それぞれのタイミングで実行したいJavaScriptを記述したsrt形式のテキストファイル(srt.jsと名付けました)をアップロードしておきます。

そしてブラウザで以下のURLを開けば、動画に連動したスクリプトの実行ができます。

http://srtjs.azurewebsites.net/?v=XXXXXXXXXXX
↑XXXXXXXXXXXのところにYouTubeの11桁の動画IDを入れます。

既にアップロードされている誰かのの動画に自作のsrt.jsを連動させてMashupしたい場合は、
https://srtjs.azurewebsites.net/?v=XXXXXXXXXXX&surl=https://dl.dropboxusercontent.com/u/9999999/example.srt.js
のように、URL参照できるsrt.jsファイルをDropboxやGoogleDrive等で公開すれば、それを使用できます。
参考URL:www.unryu.org/home/srtjs
チーム名
栗原一貴
チーム
プロトタイパー
Wow
MashupAwards大好きです。