開発中

概要

VRで弓道を体験する作品です。

塩ビ管等の手軽な材料で作った弓なので、低コストかつ作成自体も比較的楽になっています。

VR上に存在する矢を使用するため、矢を実際に飛ばすことなく安全に弓道を楽しめます。

 

参考画像

①プレイ画像

②回路詳細

③ゲーム画面

 

ゲーム説明

ゲーム内にある弓と矢の角度、弦を引く力の強さを自分で調整し矢を撃つゲームです。

制限時間60秒で的に矢を当てていきます(60秒間なら何度でも矢を放てます)。

的の場所によって点数を設定しているため、「的のどこかに当てる」だけではなく「狙いを定めて中てる」という技術力が求められます。

ゲームの最後にプレイヤーの総スコアが表示されます。これによりプレイヤー間に競争意識を持たせることができます。

 

ハードウェアシステム

加速度、角速度センサを使うことにより、弓ハードを持つ手が震えても弓の角度は正確な値が読み取れるように調整してあります。

実際の弓ハードのしなり具合から、ゲーム内の弓の弦を引く力の強さを調整できるようになっています。これは弓ハードのしなり具合を曲げセンサを使い感知、測定して得た値を利用しているためです。

これらのセンサの値をArduinoを用いて統合しています。

上記の計測した値をBluetoothモジュールを利用しスマホに送ることで、弓ハードとスマホ間に配線が不要となり弓ハードの取り扱いが楽になっています。

 

以上から、VRを活用してスマホから弓道を体験し、楽しむことができるようになりました。

(現在使用していませんが、ジョイスティックは今後の開発により使う予定があるため搭載してあります。)

API・素材等
チーム名
カフェオレ
チーム
プロトタイパー
プロトタイパー
プロトタイパー
プロトタイパー