• M5Camera用ロボットキット FPV操縦/画像認識対応

    ---------------------------

    M5Cameraを使ったFPV(一人称視点)操縦ロボット。
    パソコンやandroidタブレットでのscratch3.0プログラミングに対応、石原純一氏の機械学習や画像認識に対応。

    動画は「タブレットでのFPV操縦デモ」「顔+表情認識によるロボット追従デモ」

  • M5StickCで足音を拡張!

    普通に歩く・小走り・ゆっくり歩くと歩き方に応じて、色々な足音を鳴らします.

    忍者のように「タタタッ」と歩いたり,,巨人のようにズシンと歩いたり,「歩く」体験を拡張します.

    M5StickC内蔵の6軸慣性センサを用いることで、歩行をセンシングしています。更にM5StickCをスマホとBluetoothで通信し、アプリでセンサ情報をもとに足音を生成しています。

  • SOUND CATCH DEVICE

    SOUND CATCH DEVICE is an IoT tool that allows you to turn the things you have around you into musical instruments
    By sensing the vibrations of the attached objects, you can interface various components to make your own mini orchestra.

  • M5 QUEST

    ~あなたのそばに、敵がいます~

    さあ、腕時計型デバイス「M5Stick」を装着して、Aボタンを押して敵を倒しに行こう!

    え?何処に敵がいるのかって?とりあえず腕につけて歩けばM5Stickが教えてくれるんじゃないかな?

    敵を見つけたら、ひたすら攻撃だ!M5Stickをつけた腕で!!(周囲の人や物にぶつからないよう気をつけてね)

    無事に倒せたらゲームクリアだ!簡単だよね?

     

    ~ There is an enemy near you ~

  • StandDisplay

    画面を埋め込んだスタンド。画面は外部のボタンによって変更可能。ディスプレイに使える。

     

    A stand with an embedded screen. The screen can be changed by external buttons. It can be used for display.

  • レゴでキャノン砲を6連射するオトナゲナイメカを作ってみた。

    レゴのキャノン砲を6連射するオトナゲナイメカを作ってみました。(^_^)
    見えにくいですがM5Cameraが前面に搭載されています。
    モーターコントローラ、サーボコントローラ、バッテリー搭載です。

    DUALSHOCK2をM5Stackを使ってワイヤレスコントローラに改造しています。
    カメラ画像を見ながら操縦が可能!
    レゴなので、自在に拡張可能!

    キャノン砲のリボルバーユニットのサーボ以外のパーツはLEGO純正部品を使っています。

  • 大きなシャボン玉ロボット

    ビッグなシャボン玉をクリエイティブするロボットです。

     

    https://twitter.com/urekat/status/1308875799534149632

     

    材料は、

  • MINI LED BADGE

    (in English)

    This is MINI LED BADGE added on M5Atom lite or M5Atom matrix.

  • 乗れるやつ VR

    あの 乗れるやつ が VR コンテンツでパワーアプしました。
    VR HMDを装着したまま 乗れるやつ を操作できます!.
    VR映像と 実際の乗り物の動作が連動して体感アップ!

    The rideable toy is now powered up with VR content.
    You can operate the ride with the VR HMD installed.

  • 俳句太郎~一目で心に癒しを~

    作品紹介

    普段忙しく、心のケアーをしている時間がない、そんな時に役立つのが俳句太郎です。
    俳句太郎はいろんな人がツイートした5・7・5の俳句を抽出して卓上ディスプレイ(m5stack)でその俳句を表示してくれます!!
    素晴らしい俳句や、意図してはいないが俳句になってしまっているツイートをみて楽しむことができます。

    俳句太郎ならあなたの疲れた心も癒すことができます!!

  • M5StickC+M5ATOM Liteを用いたミニ四駆のモータ制御

    概要

    M5StackC+M5ATOM Liteを用いたミニ四駆のモータ制御では、本来ミニ四駆に減速・停止することができないものにM5StackCとモータドライバを使用してモータ制御を行っています。減速・停止では、モータを正転・逆転を繰り返し行い「減速→停止」の流れで停止します。M5ATOM LiteではATOM HATを用いてToF HATによる障害物検知を行っています。

  • ちっちゃい2足歩行ロボNanoWalker U800

    ちっちゃい2足歩行ロボNanoWalker U800
    LEGOのミニフィグをのせました。(^_^)

    プレステ3のコントローラ(DUALSHOCK3)で動かせます。
    プログラムはMicroPython
    といってもMicroPython自体を改造しまくっているので
    もはや言語なんて関係ないかもしれません。

    バッテリーは小型のリポを搭載しています。(充電回路付き)
    M5AtomもM5Echoでも挿すだけで動きます。

  • nmちゃんアラートシステム

    nmちゃんアラートシステムはdiscordに接続することができるパトライトやシグナルタワーと呼ばれる積層信号灯です。

    指定したユーザーへのリプライやコマンドを検出すると対応する色のLEDを点灯させることができます。

    discordだけでなく、PCアプリでも操作することができます。

     

    使用部品(M5製品)

    ・M5ATOM Lite

    ・ATOM Mate

    ・M5StickC Proto Hat

    ・M5Stack Mini Relay Unit (x3)

  • スマホをタップしてくれるロボット

    スマホのタッチパネルって不衛生らしいですが、それでもタップしたい時ってありますよね。
    そこで!代わりにタップしてくれるロボットが居れば万事解決です!
    (ソフトウエア的にタップも出来ますが、ルール的にNGなソフトもありますよね)

  • M5StickC 9DoF BLE Mouse

    M5StickCの内蔵6軸IMUにENV Hatの磁界センサを加えた、9軸IMUによる姿勢推定結果を用いて操作するBLEマウスです。
    水平方向の角度変化を取得できるためレーザポインタ風の操作感を実現できます。

    USBシリアル接続したPCやESP NOW接続したM5Core2から、M5StickCの姿勢をリアルタイムで確認することも可能です。

     

    ※レーザーポインタと違って姿勢と座標が一対一で紐付くわけではないのであくまでもレーザポインタ"風"です

  • 腕de時計 with M5StickC (M5Stack Creativity Contest応募作品)

    [はじめに]

    時計になりたいと思ったことありませんか?

    時計が必要ない人っていないと言って位重要ですよね。
    ・高価なものを持っていたら誇らしいですし
    ・いろんな人に一日中見つめられます
    ・時計は寝るときも一緒

    時計になったらもう人気者になれると思い、なんか時計になりたいとおもいました。

    腕de時計 2018年の MA にて発表はしたものを、今回 M5StickC 用に移植しました。

  • 人・動物が近づくと自動で動く扇風機

    非接触で動かすことができる扇風機です。

    赤外線(焦電)センサと距離(超音波)センサで人や動物の接近を検出しています。

    検出すると自動で扇風機をONになります。いなくなると30秒程度で扇風機がOFFします。

    BLEによるスマホとの通信はM5StickCの機能を何か使わないとと思いとりあえずつけてみました。

    実家の犬なんかは暑い日に扇風機の前でしきりにスイッチを押すようなしぐさをすることがあり、気が付くとつけてやるのですが、これが自動化できたら面白いかなと思い作成しております。

  • CapsuleChord: 和音を演奏できる電子楽器

    CapsuleChord is the electronic instrument for playing chords, using the M5Stack.

    Code: https://github.com/wararyo/CapsuleChord

  • きんとん:M5

    筋斗雲型モビリティ「きんとん」をM5Stackで制御してみた。

    フワフワ外装の小型モビリティに約100kgまでのユーザーが乗車可能。

    コントローラの入力をM5がBluetoothで取得し、モータを制御。

    またM5のディスプレイにはリアルタイムで走行状態を表示している。

  • M5StickCバランスロボットをBLEジョイスティックで操縦 (M5tickC balancing robot controlled by BLE joystick)

    このバランスロボットは、M5StickCとモータードライバおよびDCマイクロモーターのみでできています。モーターの軸が車輪として機能します。BLE通信を使い、JoyC(ジョイスティック)で操縦することができます。

  • MQTT通信を使った部品補充・呼出システム

    作品紹介
    組立ラインで組立作業を行う現場では、組立に使用する部品を手元に準備しておきますが、部品が大きく全てを手元に置ききれない場合はバックヤードから部品を必要に応じて供給しなければなりません。
    口頭で部品供給のやり取りをしていたのでは、作業者立ち歩きの原因となりムダが発生してしまいます。
    そこで呼出し用のアラームを活用して、手元からバックヤードに連絡を行う手段を作りました。

    機能紹介

  • OBS Scene Switcher Ver.2 〜 M5Stack で OBS のシーンを切り替える 〜

    [English follows Japanese.]

    ライブ配信などに使われるオープンソースソフトウェアの OBS で、表示される画面構成(シーン)を切り替える機能があるのですが、それを外部から制御したものです。その外部からの制御に M5Stack(デモ動画では M5Stack Core2)を使っています。

  • Google Home Avatar

    Google Home miniに親近感を抱かせる目的で開発されたNTP同期式時計です。
    Google Homeが発話するとM5Stickcのマイク入力が外部音を取り込み既定値音量以上でアバターモードが起動して口をパクパクさせます。
    Google Homeの発話が終了すると自動的に時計モードに戻ります。時計はNTPと同期しており常に正確な時間を表示します。

  • 電池で(それなりに動く)誰か来た&LINE通知

    <作品紹介>
    玄関にて、誰かが出かけた、誰かが返ってきた、もしかしたら知らない人が入ってきたのいずれかをPIRセンサで検知して、リアルタイムでLINEでスマホ等に通知します。