MagicLeap

Magic Leap Magic Leap はMagic Leap社の軽量ウェアラブルヘッドセットで、ARやVRよりバーチャルな世界をより現実世界に近い感覚で見ることができます。仕事や家庭で現実世界の中でフィクションが楽しめます。 デベロッパーサイト: https://developer.magicleap.com/ja-jp/home Magic Leap貸出 ヒーローズ・リーグ オンライン2020の応募予定者の皆様にMagic Leapの貸出を行います。 募集期間:9/7(月)~9/16(水) 応募フォーム: https://forms.gle/6m4CveXchAu6opu17

タクシー配車依頼API

電脳交通ではタクシー事業者への配車依頼を行えるWebAPIを提供しています。 ただB2B or B2B2C用のAPIであり、利用には調整と契約が必要で、アプリコンテストでリアルにタクシーを呼ぶ機能を開放することは困難です。 で、ヒーローズ・リーグでは実装せず「タクシーを呼べる概念」があればOKです。 作品内に「タクシーを呼ぶ」ボタンをダミーで用意する、プレゼン動画内でタクシーを呼ぶストーリーを入れる、など。 新しいタクシーの使い方を提案していただくイノベーションで馬鹿なやつを希望します。いろいろ法律あるけど実現性は気にせず表現してくれればいいです。

GameControllerizer

既存ディジタルゲームへの操作入力を自在にハック することができるミドルウェアです。 micro:bit や Raspberry Pi とともに使えば、 GUIプログラミングだけでオリジナルゲームコントローラーを制作 することもできます。 ※本ミドルウェアは MA2018 - ヒーローズリーグ にて生まれました。

NGT(Neighborhood Graph and Tree for Indexing)

「NGT(Neighborhood Graph and Tree for Indexing)」は、テキストや画像、商品・ユーザーデータから生成される多数の素性から成る高次元ベクトルに対して近傍検索(Top-K検索)を提供します。1千万ものデータ数であっても数ミリ秒以下で検索が可能です。AI(人工知能)やIoTの台頭により、ますます巨大化の一途をたどるビッグデータの分析において高速化を実現します。 また、NGTの使い方については下記Tech Blogもご参照ください。 https://techblog.yahoo.co.jp/data_solution/ngt_acl_2016/ NGT

NGT Neighborhood Graph and Tree for Indexing

「NGT(Neighborhood Graph and Tree for Indexing)」は、テキストや画像、商品・ユーザーデータから生成される多数の素性から成る高次元ベクトルに対して近傍検索(Top-K検索)を提供します。1千万ものデータ数であっても数ミリ秒以下で検索が可能です。AI(人工知能)やIoTの台頭により、ますます巨大化の一途をたどるビッグデータの分析において高速化を実現します。 また、NGTの使い方については下記Tech Blogもご参照ください。 https://techblog.yahoo.co.jp/data_solution/ngt_acl_2016/ NGT

NGT(Neighborhood Graph and Tree for Indexing)

「NGT(Neighborhood Graph and Tree for Indexing)」は、テキストや画像、商品・ユーザーデータから生成される多数の素性から成る高次元ベクトルに対して近傍検索(Top-K検索)を提供します。1千万ものデータ数であっても数ミリ秒以下で検索が可能です。AI(人工知能)やIoTの台頭により、ますます巨大化の一途をたどるビッグデータの分析において高速化を実現します。 また、NGTの使い方については下記Tech Blogもご参照ください。 https://techblog.yahoo.co.jp/data_solution/ngt_acl_2016/ NGT

M5Stack

5センチ角の筐体にカラーディスプレイ、スピーカー、ボタン、無線通信など、使いたい機能が詰め込まれた手ごろな価格のコンパクトな開発モジュールです。 「AruduinoIDE」や、M5Stack専用のブロックプログラミング環境「UIFlow」が代表的な開発環境です。 はんだ付けなしで接続できるセンサーなどの機能拡張モジュールも豊富に揃い、少し複雑なプロジェクトも比較的簡単にはじめられ、初心者から熟練者まで好評をいただいています。 最近では、「M5Stick」や「Atom」といった、1/2、1/4サイズのさらに小さく軽い開発モジュールシリーズが発売され、小型のロボットやドローンへの搭載など